日刊大衆TOP 芸能

マジでヤバイ人!?「岡副麻希アナの天然ぶり」が、不安視されるワケ

マジでヤバイ人!?「岡副麻希アナの天然ぶり」が、不安視されるワケ

 “黒い桐谷美玲”というニックネームがつくほどの美貌と、そのルックスから想像できない天然ボケな発言を繰り出すギャップが受け、今年上半期バラエティ番組に引っ張りだこだったのが、フリーの岡副麻希アナウンサー(25)。北北西を「キタキタニシ」と読んでしまうなど、キャスターらしからぬエピソードを多く持つ彼女だが、その“天然”がひどすぎて、視聴者から批判の声が殺到してしまっているという。

 問題となったのが3月9日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)。岡副アナは、嵐チームの対戦相手として出演したのだが、天然発言を連発し、スタジオの空気をしらけさせたのだ。

 たとえば、岡副アナが籠を背負ってボールをゲットする“ピンボールランナー”をやる際には、意気込みを聞かれ「そうですね、ドンブラコしてる感じの気分ですね」と的外れな発言。ボールは苦手だと語り、何に自信があるのか聞かれると「水ですね水! 水中……なので陸上が苦手なんですよね。(今は)水がない、イッヒッヒ」とまたも独特すぎる返答をしたのだ。

 この岡副の珍発言に、松本潤(33)は「……なんか全体的にハテナが浮かぶね」とやんわりツッコミを入れた。しかし岡副アナは「コミュニケーションが苦手で……」と苦笑い。ピースの綾部祐二(39)にも「なんかトータル激ヤバだよね」と言われてしまっていた。

 その後も岡副アナは特別企画「嘘つきは誰だ!?」で、嵐チームがクエン酸入りの特製まんじゅうを食べるということになった際、水原希子(26)が極端に酸っぱいものを食べたことがないからどうなるか想像がつかない、とコメントをしている最中に、いきなり「(酸っぱいものを食べたら)どんな顔するんですか?」と話に乱入。番組の進行を妨げてしまい、綾部から「ちょっと1回、外、出すから。さっき言ったじゃん、あんまり急に話しかけちゃだめだよって」と本気のダメ出しをされていた。

 番組放送後、インターネットでは嵐ファンから岡副アナへの不満が多数書き込まれており、中には「もう嵐の番組に出ないで」といったものもあるなど散々な結果となっていた。

 今年3月25日には、レギュラー出演していた『めざましどようび』(フジテレビ系)を卒業し、最後の出番となった天気予報のコーナーでは号泣し、鼻と目を真っ赤にしてあいさつをした。しかし、同じ系列の『めざましテレビ』には引き続き出演。視聴者からは「完全に卒業するわけじゃないのに……?」と困惑の声が上がったのだ。

 さらに岡副アナは5月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも失敗をしてしまう。この日は「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)が出演し、ベッキー(33)について「本当に好きだった」「僕がクズすぎた」と語る注目の回だった。岡副アナはこのとき、ゲストコメンテーターとして出演。不倫騒動について女性目線のコメントを求められると、いきなり「二人で海外逃亡は考えなかったんですか?」と非現実的な質問をし川谷を困らせた。その後も「女性にモテる理由が分かった!」「写真写りより生のほうがいいですね、ダマされちゃいそう……」と、空気の読めないズレたコメントを連発。ネットでは「グダグダなコメント」「イライラする」とまたもや批判が殺到していた。

「素直な性格なのは伝わってくるんですが、やはり番組の進行を妨げるようなトンチンカンな発言が続くと、視聴者は違和感を覚えてしまいます。加えて、アナウンサーとしては致命的なのが、とにかく原稿が読めないこと。おバカな部分がウケているうちはいいですが、ある程度の年齢になったとき苦労しそうですね」(放送作家)

 このままだと、アンチが増えすぎてテレビに出られなくなってしまうかも!?

マジでヤバイ人!?「岡副麻希アナの天然ぶり」が、不安視されるワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.