日刊大衆TOP 芸能

梅沢富美男「笑わせたら勝ち」浮気バレの対処法を主張

梅沢富美男「笑わせたら勝ち」浮気バレの対処法を主張

 7月14日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に、俳優の梅沢富美男(66)が出演。自らの浮気について堂々と語る場面があった。

 この日、番組では冒頭から、俳優のベンガル(65)と女優の朝加真由美(61)の不倫疑惑が『女性自身』(光文社)で報道されたことが話題になった。その流れで、浮気回数80回ともいわれている梅沢の有名なエピソードが挙げられ、それについて梅沢本人がコメントした。

 まずは「沖縄台風中継事件」。梅沢が女性を連れて沖縄旅行に行ったところ、50年ぶりの大型台風がやってきてしまった。お金を渡して女性を残し、自分は帰ろうと空港のカウンターでチケットを手配していた梅沢の姿が、たまたま台風中継をしていたカメラに映り込んでしまった。奥さんから「今どこにいるの?」と電話がかかってきて「渋谷だよ」と答えたところ、「沖縄にいるんじゃない?」「テレビに映ってたわよ」と言われたのだという。

 次は「娘の友達ナンパ事件」。梅沢が麻布で飲んでいたところ、かわいい女性3人に「梅沢富美男さんですか?」と声をかけられたので「一緒に飲もう!」と飲んで騒ぎ、写真も一緒に撮影。自宅に帰ると娘に「友達ナンパしてんじゃねーよ」と言われてしまった。実は女性の1人が梅沢の娘の友人で、一緒に撮った写真とともに「パパとデート中」とメールをしていたという。梅沢はその女性について、「小さかった頃、家に遊びに来てたのよ。きれいになったな〜!」と振り返っていた。

 最後は「愛車GPS事件」。梅沢がゴルフに行くフリをして、青山三丁目の女性宅に車で行き、ゴルフから帰ってくるぐらいの時間に着替えもすませて帰ったところ、奥さんから「青山三丁目に18番ホールがあるんだ?」と言われてしまった。実は、梅沢の知らない間に奥さんが盗難防止用に車にGPSをつけており、青山三丁目から車が動かなかったことで浮気がバレてしまったという。

 元衆議院議員でタレントの東国原英夫(59)に「どう弁明されたんですか?」と問われると、梅沢は「絶対にダンマリはダメ。よけい炎上するからね。これは(自分の)経験上。本当に評論家として言わせてもらうけど」「奥さんがバーバーバーバー言ってたら、じっと黙っててもダメ。キレてもダメ。もう話をどんどん、どんどん違うほう、違うほうに話していく」と解説。「冗談言ったりなんかして」「笑うまで我慢するのよ。二ヤッて笑ったら、こっちのもんよ」と、浮気がバレたときの対処法を明かした。

 また、“女性関係で揉めたことは一度もない”と豪語する梅沢は、「そんなに長くつきあうこともないので。これ基本よ」「スパンが短いほうが、切れやすい」と力説。アンミカ(45)が「確かに、長いと、婚期逃したりすると恨みに変わるから」と、納得しかけたが、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)は、「すごい正論みたいに言うてますけど、全然ダメな話ですよね、今のところ。浮気の話ですから」と冷静にツッコミを入れていた。

「堂々と“男は浮気をする生き物”と宣言する梅沢富美男の姿勢には、すがすがしさすら覚えます。“ゲス不倫”騒動以降、不倫が発覚して打撃を受ける人と、さほど問題にならない人がいますが、結局はタレントとしての“格”の違いなのかもしれませんね」(芸能誌記者)――浮気バレの結末は、妻しだい!?

梅沢富美男「笑わせたら勝ち」浮気バレの対処法を主張

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.