日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ「60分で出玉の山!?」魔性の連チャン台とは 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第59回 最近マイブームは『吉宗4』

 イェ~イ! 色白むっちり冬生まれのインドア派なのに、夏とお祭りが大好きな森本レオ子でございますゥ~♪ アロハ~☆ え? テンションがおかしい? それはきっと夏のせいですね。

 さて、カラダが夏になるカゲキで最高なこのシーズンは、いろいろと乙女のガードも緩くなりがちですよね。ご多分に漏れず私もまた、夏のアツさにかまけてあそこのガードがゆるゆる状態。え? やだ~! あそこってもちろん、お・財・布のことですよ♪ そんでもって、いくつになってもハートだけはうら若き乙女でありたい。そう願う32歳一児の母、好きな乙女は上杉ケンシンでございます(分かる人にだけ伝わればヨシ)。

 パチンコでの堅い勝ちを指南する立場にありながら、隅田川の花火よりもド派手な勝ちを狙いたくて、そして我慢できずにいる最近の私。最近はおもに『CR吉宗4 天昇飛躍の極』で立ち回って、いえ、のたうち回っているのです。

 実はこの『吉宗4』、一度打てばトリコになっちゃう人が続出する、悪魔的な魅力がウリのハイリスクハイリターン台。この台を前にして血が騒がないなんて、勝負師の名がすたるってもんです!

CR吉宗4 天昇飛躍の極
CR吉宗4 天昇飛躍の極
(大都技研)
◆大当たり確率:1/319.7
 →Rush時:1/6.2
◆Rush突入率:60%
(C)DAITO GIKEN,INC.

 この台の何がそんなに勝負師たちを魅了するのか? それはズバリ、圧倒的な「スピード」! とりわけ、大当たりを引いて連チャンが始まったときのスピードが、他の機種に比べて格段に速い。それが、この『吉宗4』なのです。

 飲食店においては「うまい・はやい・やすい」が、アイドル業界においては「清廉・潔白・道重さゆみ」が正義なように、パチンコにおいての「スピード」は、それに匹敵するほどの大正義。かつてパチンコ界に革命を起こした超人気機種『CR牙狼』もまた、その出玉スピードが多くのファンのハートをわしづかみにしましたしね。

 短時間でたっぷり玉が出るのは単純にすがすがしいですし、より多くデジタルを回すチャンスが生まれるので、パチンコ上手にとってもまた、このうえなく喜ばしいこと。

 もし、1時間連チャンが止まらなかったとしたら、どれくらい玉が出るのか。他の機種ならだいたい1万発前後が相場です。それが『吉宗4』の場合はなんと2万発……とまではいきませんが、1万5千発くらいなら軽く出せちゃう! 等価店ならなんと6万円相当ですね。たったの1時間でコレは、かなり夢があります。

 本機は、初当たりの約60%で「極Rush」と呼ばれる右打ち状態に入ります。厳密には確変タイプではないのですが、便宜上「連チャン」状態と考えてもらえればOK。この状態にさえ入ってしまえば、Rushの継続率はなんと破格の約80%! しかも大当たりすれば全部15ラウンド(約1400発)なので、せっかく連チャンしたのに出玉がショボい……なんてこともありません。

 それになんといっても、Rush中は最高でもたった9回転で決着するうえ、演出も短いので、連チャン中は大当たりがドンドンやってくる感覚が味わえます。パチスロの名機として名高い、初代『吉宗』の特徴といえば「1ゲームでの連チャン」と「711枚が獲得できるビッグボーナス」でした。その感覚をパチンコで再現したのが、現行機の最高スピードで生み出す「極Rush」の出玉感なんです。

 出玉スピードが速いとなると、実は打つ場面がたくさん生まれるんですよね。大当たり確率が低い、すなわち大当たりしにくい機種ではあるので、時間がたっぷりあるときじゃないと手を出しづらいんじゃないか……なんて思われがちですが、そんなことはありません! 『吉宗4』はその出玉スピードゆえ、ちょっとした空き時間や仕事帰りのひと勝負に最適なんです。

 パッと出してサッと帰る。これが可能ですから。Rush継続率は80%とかなりの高継続率なのに、意外とすぐに取りきれちゃいますしね。限られた時間でしかパチンコを打てないサラリーマンや主婦にこそオススメです!

 なので私も、プライベートはもちろん、パチンコ番組の収録でも最近は一番重宝しています。パチンコ動画ではよく、「どちらがより多くの玉を出すか」を競う企画が行われますが、相手に大きく差をつけられてしまって一発逆転を狙うときに、『吉宗4』は最適なんですよね。

 先日の収録でも、たったの3時間で約2万発もの出玉を叩き出しました。一撃ではなく3回初当たりを引いての結果でしたが、逆に3回も初当たりを引けるということは、連チャンを取り切って、次の大当たりを狙うまでの一連の流れが速いことの証明です。しかもまとまった出玉もゲットできているんですよね。こんな夢のある台はないですよ。その反面、1000回転ハマリも何度か経験しているんですけどね……。まぁ、だから最近の収支が炎上しているわけなんですが(涙)。

 何かとはっちゃけたいこの季節。短くも濃い、ひと夏のアバンチュールを楽しみたいアナタは、『吉宗4』で打ち上げ花火に負けないくらいに、ドデカいドル箱タワーを作っちゃってください! 皆さんからのひと夏の体験談、いつでもお待ちしています。それではGOOD LUCK!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコ「60分で出玉の山!?」魔性の連チャン台とは 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.