日刊大衆TOP 芸能

相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを自ら暴露

相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを自ら暴露

 7月22日深夜放送の『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)に、元Winkでタレントの相田翔子(47)が出演。酒に酔ったときのエピソードを披露し、TOKIOの松岡昌宏(40)と博多華丸・大吉の博多大吉(46)を驚かせる場面が見られた。

 今回、松岡らが飲み歩いたのは東京の大森で、二軒目に入ったのは半世紀続く老舗居酒屋の蔦八。まずは看板メニューの煮込みをツマミに、ホッピーで乾杯した。その後、デビューのきっかけを尋ねられた相田は「一番最初は高校生のときのスカウト」と答え、続けて「本当は表に出るよりも裏方をやりたくて、作詞作曲の勉強をしていて」「ある日、突然、早智子ちゃんとWinkとしてデビューすることを電話で聞かされて」と話し、鈴木早智子(48)とのWink結成当時のエピソードを語り始めた。

 相田はデビュー曲と2曲目のシングルが売れず、大ヒット曲となった3枚目の『愛が止まらない』を出すときには、「事務所からこれ(3作目)で最後だと言われていた」と告白。また、当時のWinkが笑わないイメージだったことについて、相田はもともと人前が苦手だったとし、「急に表舞台に出されて、気づいたら隣に子どもの頃に見た大御所の(歌手の)方がたくさんいて、緊張して顔がこわばっていた」と、機嫌が悪かったのではなく、「急激な環境の変化で顔の筋肉がロックされていた」と明かした。

 また、大吉に酔うとどうなるのかと問われた相田は、「手のつけられない(状態になり)、囚われた宇宙人みたいに足が……」と、酔いが足にきて歩けなくなり、さらに「ろれつが回らなくなる」とコメント。驚いている松岡と大吉に、「それぐらい酔いたいときってありますよね?」と、同意を求めると、大吉は「酔うために飲んでますから」と苦笑いしながら相づちを打っていた。

 続けて、相田が大吉に「私が一番イケイケの頃、(大吉に)お世話になっていて」と、ラジオ番組で毎週共演していたことに感謝を述べたのだが、大吉はなぜか困り顔。申し訳なさそうに「それ、相方なんですよ。華丸のほうなんです、すいません」と、相田が勘違いしていたことを指摘した。

 これを聞いた相田は「えっ、えっ!?」と動揺しつつも、「でも、すごく一緒になってましたよ」と、他のバラエティ番組で博多華丸・大吉と共演した話をし始めた上、「私は間違えてないです」と認めようとせず、松岡と大吉を困惑させていた。

「相田は以前から酒癖の悪さを、テレビでよく暴露されていますよ。また、ホッピーを飲むのは初めてだったそうで、彼女が思っていたよりも酔いが早く回ったんでしょう。今までいろいろなゲストの相手をしてきた松岡と大吉も、けっこう困っていましたね」(芸能誌記者)――放送できない発言もあったかも!?

相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを自ら暴露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.