日刊大衆TOP 芸能

蛭子能収「ボートレースで、今まで“億”は負けているかな」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2017年08月14日号]

男性の衝動をかきたてるのは“香り”だった
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

蛭子能収「ボートレースで、今まで“億”は負けているかな」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 さて、今週の「あなたに会いたい」は、漫画家の蛭子能収さんです! 私は以前から、蛭子さんの大ファン。しかも今回、私がお会いしたい旨を伝えたところ、「一緒にボートレースに行きませんか?」とうれしいお返事が(笑)。というわけで、蛭子さんがよく行ってらっしゃる『ボートレース平和島』に突撃~。

ゆま「初めまして! 麻美ゆまです。今日は、よろしくお願いいたします」

蛭子「あ、は、はい。いやあ、おキレイな方ですね~、でへへ。モデルさん?」

ゆま「あ、いや(笑)。今は音楽やタレント活動をしているんですが、もともとはセクシー女優をしていました」

蛭子「いやいや、緊張しちゃうな、もう。今はホント、かわいい子が多いね~」(デレデレしながら専門紙を見て予想を始める蛭子さん)

ゆま「ウフフ。ちなみに私、ボートレースは初めて。いろいろ教えてください」

蛭子「は、はい」

ゆま「ボートレース場もステキですね。景色もいい」

蛭子「でも、ここは水が汚いんだよ。一度、水を抜いて、洗えばいいのにね。ただ、交通の便はいいから、ここは好きなんだよ。あ、試走が始まるね」

ゆま「レース前に試走があるんですね。ふむふむ」

蛭子「試走と、あとはデータを見て予想を立てるんです。ちなみにボートレースの場合、1コースが一番有利なんだけど、今日は全体的に荒れているからね~」

ゆま「なるほど。私も賭けてみることにします! じゃあ、1番が強いなら、1番と2番と3番と……この3連単って何ですか?」

蛭子「えっとね(丁寧に説明をする蛭子さん)」

ゆま「なるほど。じゃあ、私は3連単で。いくらぐらい賭ければいいですか?」

蛭子「いくらでも構わないけど、僕は貧乏だから100円単位だよ」

ゆま「じゃあ、私は初めてなので、思い切って、これぐらい賭けちゃおう」

蛭子「君、けっこう大胆ね」

ゆま「ウフフ。蛭子さんは毎週、されているの?」

蛭子「全然。お金がないから、最近は1か月に1回ぐらいですよ。負けてばっか」

ゆま「今まで、どれぐらい負けちゃったんですか?」

蛭子「う~ん、億は負けているかな……」

ゆま「ええ~!! 逆に一番勝ったのは、どれぐらい?」

蛭子「1日だと最高で80万ぐらい。でも、すぐに使っちゃうから全然、残らない」

ゆま「それでもまたやりたくなるのは、なぜですか?」

蛭子「今度は勝てそうな気がするからね……」

ゆま「アハハ。いいですね~。あ、蛭子さん! レースが始まるみたいです。あ~、ドキドキします~」

蛭子「……」(急に無言になり、真剣にレースを見る)

ゆま「イケ! イケイケ! 1番、頑張って~」

蛭子「……あれえ~、おかしいなあ。4番が人気なんだけどなぁ」

ゆま「すごい! 蛭子さん1・2・3が来ています」

蛭子「ホントだね……」

ゆま「え? え? え? 蛭子さん、私、勝ったかも! 勝った? 当たった? どっちが正しいんですか?」

蛭子「え? 当たったかな」

ゆま「やったー! 当たりました~!」

次ページ >> ボートレースデートは楽しい!

蛭子能収「ボートレースで、今まで“億”は負けているかな」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.