日刊大衆TOP 女性向け

「初代プレステ」売り上げ2位は『FF VIII』、1位はやっぱりあのソフトだった!?

「初代プレステ」売り上げ2位は『FF VIII』、1位はやっぱりあのソフトだった!?

 日本で約2000万台、世界で約1億台以上を売り上げて一時代を築いた初代プレイステーション。その歴史を振り返るガイド本『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(メディアックス)が7月27日に発売された。このガイドの中ではより詳しく解説されているが、時代を築いたソフトの売上ベスト10を順に紹介しよう!

10位 バイオハザード3 LAST ESCAPE
カプコン(1999年) 約138万本

目の肥えた海外ゲーマーにも親しまれたホラーの名作

 ゾンビと戦うFPSとして大きな話題になり、シリーズ化された『バイオハザード』シリーズの第3作。改良は主にゲームシステム面で、「クイックターン」「緊急回避」などの操作が可能になり、FPSとしてのクオリティが大きく上がった。その代わり「追跡者」が登場するようになり、難易度もアップしている。売上は国内だけで約138万本。また、『バイオハザード』シリーズはクロスプラットフォームで展開されており、本作も2000年にドリームキャスト、2003年にゲームキューブに移植されているが、やはり最も売れたのはこのプレステ版だったようだ。

9位 グランツーリスモ2
ソニー・コンピュータエンタテインメント(1999年) 約146万本

ベンツやBMWも登場し、特に海外で爆売れ!!

 期待の新作として発表前から名前が挙がり、2度の発売延期を経てなお国内146万本を売り上げた『グランツーリスモ』の第2弾。北米市場には1999年末、ヨーロッパ市場には2000年の年明けに投入され、廉価版を含めた世界累計での売上は937万本に達した。グラフィックが強化されているほか、外車が多数参戦しており、ラリーカーといった車種が登場するのも本作から。コースもロードとダート計20面が追加され、全30面から遊べるようになった。基本的なゲームシステムは前作と変わらないものの、ゲーム性を高めるさまざまな工夫がなされていた。

8位 ダービースタリオン
アスキー(1997年) 約174万本

競馬ブームの立役者、大ブームに専門誌も刊行!

 そのルーツはファミコン時代にまでさかのぼる、競走馬を育成し厩舎を経営するシミュレーションゲーム。実名の競走馬でレースや交配が可能。濃い内容で「マニア向けゲーム」と評価されているアスキー『ダービースタリオン』シリーズの中で、一番の売上を記録したのがこのプレステ版。そのセールスは、この種類のシミュレーションゲームとしては驚異的な約174万本に達した。スーパーファミコンまでの『ダビスタ』は、オートセーブ採用により、リセットでの「やり直し」が効かないシビアなゲームだったが、セーブデータにメモリーカードを用いるプレステではその点は柔軟になった。

7位 みんなのGOLF
ソニー・コンピュータエンタテインメント(1997年) 約178万本

家族みんなでゴルフ!廉価版含めてダブルミリオン!

 80年代、ファミコン普及の立役者となったゲームタイトルが任天堂の『ゴルフ』。ゲームマニアだけでなくファミリー層への訴求のためには、ラインナップにゴルフゲームは欠かせない。プレステ時代を代表するゴルフゲームといえば『みんゴル』と略された『みんなのGOLF』シリーズで、こちらもプレステ普及に一役買った。じわじわと売れ続け、国内セールスは約178万本、コード違いの廉価版も含めるとダブルミリオンに到達する。内容はオーソドックスなゴルフゲームだが、テレビを見ているような画面構成が斬新だった。通常コース6面とパットゴルフコース1面を収録。

6位 バイオハザード2
カプコン(1998年) 約215万本

臨場感のある“ゾンビ”描写で一世を風靡した人気シリーズ

1996年にリリースされた前作『バイオハザード』に続くシリーズ第2作。ミリオンセラーとなった前作の2倍に迫る国内215万本という驚異的なセールスを記録し、シリーズ初のダブルミリオン達成作品となった。プレステ初登場は98年1月だが、同年8月に「デュアルショック」対応版もリリースされ、そちらはデュアルショックコントローラの振動に対応し、演出をさらに際立ったものにしている。主人公は二人から選べ、「レオン編」と「クレア編」でそれぞれ立ち回りが異なるほか、ストーリーも両者がリンクするものになっている。

5位 グランツーリスモ
ソニー・コンピュータエンタテインメント(1997年) 約219万本

プレステ普及に一役買った超リアルなレースゲーム!

 ゲームハードのメーカーとしては、ハード性能の“実力”を見せつけるようなタイトルで、ライバルに差をつけたいところ。プレステの本家であるソニーが1997年にリリースした、当時最新の3D技術を駆使したカーレースゲーム『グランツーリスモ』は、その期待に100%応えるタイトルだった。実在メーカーの協力を得て、実車を可能な限り忠実に再現し、ゲーマーのみならずカーマニアからも高い評価を得るに至った。これが国内で約219万本を売り上げる大ヒットとなり、ソニーの屋台骨を力強く支えた。現在に至るシリーズの累計売上本数は、世界で7000万本を上回るというのだから驚きだ。

4位 ファイナルファンタジーIX
スクウェア(2000年) 約271万本

新世代の3DCG描写でキャラをかわいらしく描いたシリーズ第9作

 初代プレステにおける『FF』ナンバリングタイトルを締めくくる作品として約271万本を売り上げた。この『VII』『VIII』『IX』の3部作に、「インターナショナル」などのバージョン違いを含めると売上は1000万本にも及ぶというのだから、当時の『FF』の持っていた影響力の大きさがうかがえる。ポリゴンらしからぬ曲線美を手に入れた美麗なグラフィックは初代プレステの最高峰とも。本作の開発は『X』『XI』と同時に発表されているが、この『IX』では、剣と魔法の世界への“原点回帰”をうたっている。プレステ2で発売される『X』との差別化がポイントだったといえる。

3位 ファイナルファンタジーVII
スクウェア(1997年) 約328万本

ショッキングなシーンで印象の強さはシリーズ随一

 約328万本を売り上げ、初代プレステで初のトリプルミリオン達成作となった『FFVII』といえば、ライバル機との競争でプレステを勝者にした最大の立役者。本作以降、3DCGによる演出がRPGで当たり前になり、当時の業界人からは「ゲーム制作費を押し上げた」という恨み節さえ聞こえてきたほどだ。SFの世界観を盛り込んで好評を博した『FFVII』だが、ゲームシステムに加えられた改良の最大のポイントは「マテリア」で、これによりキャラクター育成のレパートリーが広がった。「チョコボレース」などやりこみ要素も多く、100時間遊べるゲームだった。

2位 ファイナルファンタジーVIII
スクウェア(1999年) 約350万本

舞台は学園に!ラブロマンスに日本中が熱狂

 3作がリリースされた『FF』ナンバリングタイトル中で、単独で最も売り上げたのが『VIII』だった。本数は国内で350万本に及ぶ。これには、コンビニを販路とする「デジキューブ」の貢献も大きかったといわれている。『VII』で確立した3D視点での移動と、おなじく3Dビューのアクティブタイムバトルを踏襲。召喚獣にあたる「ガーディアンフォース」を戦略的に使いこなして攻略していく。特徴的なのが、仲間のレベルが上がるほど、出現する敵のレベルも上がるというシステムで、このために「経験値を稼いでサクサク攻略」ということができなくなり難易度が増した。

1位 ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
エニックス(2000年) 約389万本

遅れに遅れた発売日も売上は『FF』を超えて1位!

 推計で国内約389万本を売り上げた『DQ』の第7作は難産のたまものだった。1999年の年明けに「今年こそ」と意気込むコマーシャルが放映されるも、発売されたのは翌2000年の8月となる。このほかに、SMAPが登場するコマーシャルも話題になった。次世代機デビューの時期では、当時最大のライバルであった『FF』シリーズに大きく先を越され、ハードウェア戦争の勝敗を決することになる「キラータイトル」としては出遅れた感があった『DQVII』だが、売上では堂々の1位に輝いており、さすがというほかない。

 プレステの高性能の活用法をグラフィックのフルポリゴン化などに見出した『FF』シリーズと対照的に、本作では、CD−ROM2枚組の豊富な容量が、冒険のボリュームや、職業、特技のレパートリーをとにかく増やすことに充てられている。ドット絵のグラフィックをメインにしたのも、『FF』への対抗心からだったのかもしれないが、戦闘シーンなどのグラフィックは当然、前作『VI』から大きな進化を遂げている。

 さて、本作の持ち味である圧倒的なボリュームには賛否両論がある。「石盤集め」の旅ではさまざまなサブストーリーが登場するのだが、とにかく石盤の数が多く、ストーリーが長い。鬼のような難易度のファミコン版『II』と並んで、「挫折(ざせつ)したDQ」に挙げられることも多い。

懐かしのプレイステーションコンプリートブック 『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(1400円+税:メディアックス)
日本で約2000万台、全世界で約1億台を売り上げた初代プレイステーション。次世代ゲーム機戦争の覇者、初代プレステが誇る名作ソフトをランキング形式でご紹介!『ドラクエ』や『FF』などの大ヒットタイトルはもちろん、プレステだからできた「神アイデアゲーム」や「知る人ぞ知るカルトゲーム」まで、今でも楽しめるソフトを一挙公開します。
http://amzn.asia/bV8D0jk

「初代プレステ」売り上げ2位は『FF VIII』、1位はやっぱりあのソフトだった!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.