日刊大衆TOP 女性向け

初代プレステ“対戦格ゲー”ランキング4位は『ソウルエッジ』1位は!?

初代プレステ“対戦格ゲー”ランキング4位は『ソウルエッジ』1位は!?

 日本で約2000万台、世界で約1億台以上を売り上げて一時代を築いた初代プレイステーション。その歴史を振り返るガイド本『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(メディアックス)が7月27日に発売された。このガイドの中ではより詳しく解説されているが、プレステの中でも特に人気を集めたのが、対戦格闘ゲーム。『ストリートファイターII』でブームとなった対戦格闘ゲームは、K-1やUFCなどの格闘技ブームも手伝い、プレステという新たなプラットフォームで全盛期を迎える。3D化やグラフィックの向上、高度化したシステムなどで、より没入感が増したバトルでユーザーを魅了した対戦格闘ゲームのベスト10を紹介していこう。

【10位】武戯 BUGI
コナミ(1998年)

どこかで見たようなキャラが自在に動く心地良さ満点!

 対戦格闘のヒット作に恵まれなかったコナミだが、どの作品も地味ながら独特の魅力が感じられる作品が多い。本作もそのひとつで、さまざまな3D対戦格闘の良さを取り込んで独自の作品として昇華していた。アーケードで登場した『FIGHTING武術』のスムーズなモーションを受け継ぎ、パンチとキックのほかにディフェンスとキャッチをボタンに配置。ディフェンスはタイミングによって防御と避けに変化するため、相手の技を見切る気持ち良さが味わえる。ジャンプやしゃがみはないが、奥移動や手前移動でもダッシュが使えるなど移動方法が豊富。

【9位】ブラッディロア
ハドソン(1997年)

悲惨な背景を持つキャラたちが獣人になると一気に性能が変化

 シューティングゲームメーカーとして名をはせたライジングが、ハドソンとともに送り出した3D対戦格闘。海外でも人気を獲得し、シリーズ化された。最大の特徴は「獣化システム」で、例えば主人公のユーゴは獣化することでオオカミに変身。技が増えてキャンセル技を使用でき、相手を浮かせやすくなってジャンプ力がアップするなど、獣化することで一発逆転が狙えるシステムとなっている。獣化以外にも伏せやガードエスケイプといったシステムによって多彩な戦い方が可能。スピード感あふれる展開と連続技で、爽快な戦いが味わえるゲームだ。

【8位】私立ジャスティス学園 LEGION OF HEROES
カプコン(1998年)

陰謀渦巻く高校を舞台に個性豊かなキャラが暴れまくる!

『スターグラディエイター』に続くカプコンの3D対戦格闘で、アーケードから約8か月でプレステに移植された。『スターグラディエイター』がスペースオペラ的だったのに対し、本作は島本和彦が描くマンガのようなコミカル熱血学園モノ。実際に島本和彦はアーケード版のコミカライズを手がけ、熱血隼人をプレステ版に送りこんでいる。学園モノなので登場キャラクターは生徒や教師。育成シミュレーションのような「熱血青春日記」モードが搭載され、登場人物たちと学園生活を楽しみながらオリジナルキャラクターの作成が可能。作成したキャラクターは対戦でも使用できた。

【7位】ストリートファイターEX2 PLUS
カプコン(1999年)

『EX』シリーズの完成形!プレステならではの隠し要素も!

『ストリートファイター』を3DCGによって再現しつつ、2D作品にはない要素を盛り込んだ『EX』シリーズのプレステ移植第2弾。2D作品の基本をそのままに、空中コンボや無限フィールドなどの概念を追加。本作では「メテオコンボ」という相手に大ダメージを与える一発逆転可能な技が追加されている。リュウや春麗といったおなじみのキャラに加えて、ほくとやスカロマニアといった『EX』シリーズのオリジナルキャラも登場。2Dの操作感覚を3DCGで再現するというコンセプトは、『ストリートファイターIV』以降にも受け継がれていく。

【6位】三國無双
光栄(1997年)

ファン垂涎の三国志対戦格闘ゲームで夢のような一騎討ちが実現!

 今や3Dアクションゲームとして老若男女に愛される人気シリーズとなった『真・三國無双』のタイトルに「真」が冠されている理由は、第1作として本作が発売されたため。無双乱舞など一部の要素は継承されたが、3D武器対戦格闘の『三國無双』は本作で一度幕を閉じた。最初から使えるのは趙雲や周瑜など10人。例えば関羽なら青竜偃月刀など、それぞれが愛用の武器を持っている。さらに曹操などのボスキャラクターが条件クリア後に使えるようになり、条件クリア&コマンド入力で信長やとーきちなども使用可能になった。光栄ならではの格ゲーといえる。

【5位】トバルナンバーワン
スクウェア(1996年)

正方形リングがバトルステージ!つかみ後の攻防が勝敗を分ける

 スクウェアのプレステ参入第1弾で、『FFVII』の体験版が付属していたこともあって60万本以上の大ヒットに。キャラクターデザインを鳥山明が担当していることも話題となった。ゲームシステムも斬新で、ボタンをパンチやキックに割り振るのではなく、3つのボタンはそれぞれ上・中・下段攻撃に設定。さらにつかみ要素があり、そこから相手を動かす、打撃、投げの3つの行動に移行できる。つかまれた側も状況に合わせて対応可能で、さまざまな駆け引きが楽しめるシステムとなっていた。シリーズはその後『トバル2』、『エアガイツ』と続く。

【4位】ソウルエッジ
ナムコ(1996年)

16世紀の世界各地を舞台に邪剣をめぐる戦いが始まる!

 同じナムコの『鉄拳』と同じくプレステ互換基板を使用したアーケードからの移植作で、『ソウルエッジ』のタイトルで発売されたのは本作のみ。2作目以降は『ソウルキャリバー』と名称が変わる。ジャンルは3D武器格闘アクションで、すべてのキャラクターが武器を装備。そのためキャラクターの特徴に加えて、リーチを筆頭に武器の特性を生かした戦い方が楽しめるシステムとなった。プレステへの移植に際してムービーや衣装などを追加。特にさまざまなミッションをクリアしながら新たな武器を入手していく「エッジマスターモード」は秀逸の出来だった。

【3位】闘神伝
タカラ(1995年)

ソフィアやエリスはイベントのコスプレでも人気!

 プレステ初の対戦格闘は『ツインゴッデス』だが、その約1か月後に発売された本作は『鉄拳』よりも早く登場したプレステ初の3D対戦格闘。当然セガサターンの『バーチャファイター』と比較されたが、それとは異なり、飛び道具の存在や後ろ方向入力によるガードなど、ほぼ2D対戦格闘を踏襲。それでも側転やリングアウトなど、3Dならではの要素も採用されていた。公式イラストレーターにことぶきつかさを起用するなどキャラの魅力を際立たせる戦略で、ゲームに加えてアニメなどのメディアミックスも展開。プレステ黎明期の対戦格闘の代表作となった。

【2位】GUILTY GEAR
アークシステムワークス(1998年)

個性的なキャラと世界観。コンボと一撃必殺技の存在感!

 3Dが対戦格闘ゲーム界を席巻し、2DはカプコンとSNKが支配する中で突如発売された作品。当初は大きな話題とはならなかったが、その完成度の高さが口コミで広まるにつれて少しずつ人気が高まり、現在に至る人気シリーズとなった。当時の対戦格闘ゲームとしてはスピードが非常に早く、連続技は永久コンボが存在するなど強力で、さらに一撃必殺技も採用するなど、初心者お断りの難易度の高さ。しかしその爽快感と挑戦的な姿勢が対戦格闘ファンの支持を集めることになる。2D対戦格闘ゲームの新たな扉を開いたタイトルとなった。

【1位】鉄拳3
ナムコ(1998年)

PSの3D対戦格闘最高峰。全世界販売数は約700万!

 1994年にアーケード版が発表され、翌年プレステに移植された第1作こそ色物タイトルと見られたが、シリーズを重ねるごとに進化した『鉄拳』はこの第3作で完成形を迎える。『鉄拳』シリーズの特徴といえる四肢に対応したボタン配置、10連コンボ、ガード不能技などはそのままに、コマンド投げからの投げ抜け、受け身、そして画面奥や手前への横移動などのシステムを追加。奥深い対戦が堪能できる本格的な対戦格闘ゲームへと進化を遂げる。

 鈴木みのるや渋谷修身といった実際の格闘家を起用してモーションキャプチャーを行うなど、濃いキャラクターを生かしながら格闘技としてのリアルさも追求。すべてのバランスが整ったことで、『バーチャファイター』と肩を並べる3D対戦格闘として認知されることになった。

 アーケード版の稼働開始から約1年後に発売されたプレステ版は、移植は困難と思われた美しいグラフィックをほぼ完全再現し、さらにビーチバレーなどのオマケモード、オリジナルムービーなどを追加。マンガからのゲストキャラクター「ゴン」など追加キャラクターも登場している。

 現在までに全世界で約700万本を売り上げ、二人プレイ用対戦格闘ゲームの世界販売本数記録を誇る『鉄拳3』。プレステでプレイできる3D対戦格闘のまさに最高峰だ。

懐かしのプレイステーションコンプリートブック 『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(1400円+税:メディアックス)
日本で約2000万台、全世界で約1億台を売り上げた初代プレイステーション。次世代ゲーム機戦争の覇者、初代プレステが誇る名作ソフトをランキング形式でご紹介!『ドラクエ』や『FF』などの大ヒットタイトルはもちろん、プレステだからできた「神アイデアゲーム」や「知る人ぞ知るカルトゲーム」まで、今でも楽しめるソフトを一挙公開します。
http://amzn.asia/bV8D0jk

初代プレステ“対戦格ゲー”ランキング4位は『ソウルエッジ』1位は!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.