日刊大衆TOP 女性向け

夏休みに遊びたい!“初代プレステ”ホラーゲームBEST10

夏休みに遊びたい!“初代プレステ”ホラーゲームBEST10

 日本で約2000万台、世界で約1億台以上を売り上げて一時代を築いた初代プレイステーション。その歴史を振り返るガイド本『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(メディアックス)が7月27日に発売された。このガイドの中ではより詳しく解説されているが、リアルな3D映像やCGが使用可能になったプレステでは、本格的なホラーゲームが数多く発売されるようになった。昔ながらの怖い話を進化させたサウンドノベルや、ゾンビや怪物が襲いかかるリアルなサバイバルゲームまで、背筋の凍るホラー感満載の名作を紹介しよう!

【10位】夕闇通り探検隊
スパイク(1999年)

日常があり家族がいるから、ささいな噂がより怖く感じる

 人面カラスを見ると100日以内に死ぬ――インパクトのある噂で始まる中学生3人組の物語。噂が真実かどうかは分からないまま、日常は進行。日常はおおまかに分けると学校、放課後、夜の時間があり、ナオ、クルミ、サンゴの3人の中から1人を選んで、噂の検証のために学校や街を探索する。サイドビューとドット絵表現は独特な味わいがあり、淡々と繰り広げられる日常に忍び寄る恐怖は、リアリティのあるものとして跳ね返ってくる。各キャラクターの日常を知ることでより共感が増し、日がたつごとに「100日以内で死ぬ」という最初の噂の恐怖が増していく。

【9位】コワイシャシン ~心霊写真奇譚~
メディアエンターテイメント(2002年)

心霊写真で遊ぶ不謹慎さが、プレイヤーの恐怖に跳ね返る

 プレイヤー自身が心霊写真にとりついた霊を見つけて、ひたすら除霊を行っていくホラーアクションゲーム。写真の中の人物には目線が入れられていて、現実の雑誌のホラー特集に登場しそうな雰囲気。いわくつきの写真から霊を見つけていく過程はシンプルな恐さがある。霊を見つけた後の除霊コマンドは、常に同じ手順で行うものの、対抗する霊が強くなっていく中でプレイヤーもコマンドを素早く正確に押さねばならず、ゲームに没入するほど緊張感が増す。いかにも画像加工された露骨な霊が多数登場する味つけも、怪しい雑誌風の妙なリアリティがある。

【8位】Dの食卓 コンプリートグラフィックス
アクレイムジャパン(1995年)

3枚のディスクに詰まった女優ローラの迫真の演技

 ロサンゼルスの総合病院で大量殺人事件が発生し、犯人で病院長、そして父でもあるリクター・ハリスが立てこもる院内に、娘のローラが単身で乗り込むストーリー。3DOで誕生し、セガサターンにも移植された作品のコンプリートグラフィックス版がプレステに登場。病院に乗り込んだはずが古城に送られてしまったローラに残された時間は2時間。基本的にはパズルを解いて進行するタイプのゲームだが、セーブがないため時間との戦いもあり、謎解きのギミックにグロテスクな表現が使用されていたりもするので、スリリングな恐怖が常につきまとう。

【7位】ダークメサイア
アトラス(1998年)

ひたすら生き延びるには、ただ逃げるしかない

 抵抗できない絶対的悪夢からいかにして逃げるか。本作はまさにそんな敵から逃げまくるホラーアドベンンチャー。襲いかかる謎の融合体から時には一人、時にはパートナーを見つけて地下迷路を先へ先へと進んでいく。主観視点の3Dマップのため自由に動ける反面、さまよう融合体に見つかるとダッシュで追いかけてくるので、いかに見つからずに先に進むかが重要になってくる。融合体に捕まると一気に死を迎え、パートナーがいるときにはパートナーの死を乗り越えて逃げることになる。常に死と隣り合わせとなる融合体との命がけの鬼ごっこは本当に怖い。

【6位】学校であった怖い話S
バンプレスト(1996年)

人物のいる実写カットが生々しく事の真相を告げる

 高校の七不思議を調査するために、怖い話をする語り部を7人集めて取材する予定が、6人しか集まらず、話を聞いていくと6人目の話が終わった後に……。話を聞く順番によって怖い話の内容が変わり、結末も変化していくホラー系サウンドノベル。元となるスーパーファミコン版と比べて、強化されたビジュアルやムービー演出、追加されたシナリオによって、ホラー感は確実に進化している。本格的なホラー以外にギャグテイストの話もあり、後にある方面で有名になった『四八(仮)』と共通する登場人物がいるため、違いを比較しながらプレイするのも一興だろう。

【5位】弟切草 蘇生篇
チュンソフト(1999年)

サウンドノベルであっても視覚に訴える演出が大事

 深夜のドライブをするカップルがひょんなことから洋館に入り、奇妙な出来事から驚愕の真実へとたどり着く。元はスーファミの作品で、テキストベースのシナリオとおどろおどろしいグラフィック、そして迫力のあるサウンドで背筋も凍る恐怖を演出していた。それがプレステに移植されて、グラフィックやサウンドが進化するだけでなく、分岐テキストの量が膨大に増え、場面によっては主人公視点だけでなくその恋人の視点でストーリーを楽しむことができるようになった。スーファミ版にあったギャグと紙一重のグラフィックが改善されたことで、間違いなく恐怖度が増した。

【4位】エコーナイト
フロム・ソフトウェア(1998年)

亡霊の願いをかなえながら真実を求める旅を繰り返す

『キングスフィールド』でプレイヤーに即死の恐怖を植えつけたフロム・ソフトウェアの、プレステ初期の名作。3Dマップを主観視点で移動していく基本スタイルは『キングスフィールド』と同じで、謎を解いていくアドベンチャー。突如現れる魂や襲ってくる人から、いかにして逃げるかがポイントとなる。暗い部屋に入って無防備にしていると魂が襲ってくるため、まずは電気のスイッチを探してつける必要がある。突然さまざまな場面に飛ぶため、自分が何者で何をしているのか、果たして自分は生きているのか、逃れられない現実と戦っていく。

【3位】CLOCK TOWER 2
ヒューマン(1996年)

逃げても隠れても現れる迫りくるシザーマンの恐怖

 スーファミ用に登場した初代『クロックタワー』は、サイドビュー視点で殺人鬼「シザーマン」からひたすら逃げるパニック系のアドベンチャー。それがプレステになり、3D表現とストーリーが強化されたのが本作。前作のストーリーや設定を引き継ぎ、大量殺人が起きた『クロックタワー』事件が調査される中で、再び悪夢が訪れる。閉鎖されたクロックタワーから恐怖が世に放たれ、再び現れたシザーマンが人々を襲い始める。プレイヤーは恐怖と戦いながら真相を解明していく。エレベーターに乗って逃げるときに迫りくるシザーマンは、何度見ても戦慄してしまう名場面だ。

【2位】サイレントヒル
コナミ(1999年)

見えないときに浮かぶ想像が、不安と恐怖を増幅していく

「一寸先は闇」ということわざがあるように、闇には独特の怖さがある。その一寸先の恐怖を再現したかのようなゲームがまさに本作。突如迷い込んだ町は霧で先が見えず、夜は底なしの闇に飲み込まれた様相。離れ離れになった娘を見つけるため急いで方々を探索したいが、霧の先には見たことのないクリーチャーが存在し、不意に襲ってくるため、不用意には移動できない。武器は限られているので、容易に撃退することはできず、逃げようにも目の前の道路は分断されて先に進めない。広い空間なのに視界が制限されただけで独特な恐さを体験できる。本作には視界を起点にした恐怖の発明が詰まっている。

【1位】バイオハザード
カプコン(1996年)

プレステ時代に誕生した、新しいホラーの形!

 サバイバルホラーといえばまず思い浮かぶのが今作。最近はすっかりサバイバルアクションと化した印象の強い『バイオハザード』シリーズだが、本作ではしっかりとホラーをしている。ゲーム冒頭の実写ムービーも、最初に現れる振り返りゾンビも、プレイしたすべての人にいろんな意味でトラウマを植えつける。体力は少ないがアイテムをたくさん持てるジルと、戦闘能力が高いがアイテムをあまり持てないクリスのどちらを選ぶかで、ゲームの進行は変わる。どちらにしてもゾンビが出てきたからといって、バンバンと銃声を鳴り響かせていると、すぐに弾切れになる。ダッシュでゾンビをかわして安全地帯まで逃げるなど、いかに生き残るか常に考えながら行動せねばならない。洋館というシチュエーションや、扉を開けたり階段を登ったりするような基本的な行動に特殊な演出を入れるなど、恐怖効果に抜かりなし。カメラワークと適度に困難な操作や、セーブ用のインクリボンが限られているなど、今では不親切ともいえる仕様もプレイヤーに緊張感を与えた。なお、本作は、プレステだけでも他にディレクターズカットとデュアルショックバージョンが存在し、多機種でリメイクされているため、より親切なバージョンが多数存在するが、オリジナルの怖さはここでしか体験できない。

懐かしのプレイステーションコンプリートブック 『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ』(1400円+税:メディアックス)
日本で約2000万台、全世界で約1億台を売り上げた初代プレイステーション。次世代ゲーム機戦争の覇者、初代プレステが誇る名作ソフトをランキング形式でご紹介!『ドラクエ』や『FF』などの大ヒットタイトルはもちろん、プレステだからできた「神アイデアゲーム」や「知る人ぞ知るカルトゲーム」まで、今でも楽しめるソフトを一挙公開します。
http://amzn.asia/bV8D0jk

夏休みに遊びたい!“初代プレステ”ホラーゲームBEST10

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.