日刊大衆TOP 芸能

指原莉乃「つきあいたくない」ファンへの失言を指摘され動揺!?

指原莉乃「つきあいたくない」ファンへの失言を指摘され動揺!?

 7月31日に放送された『Momm!!』(TBS系)に、HKT48の指原莉乃(24)が出演。恋愛について語るも、MCを務める中居正広(44)からツッコまれてしまう場面があった。

 この日はゲストにお笑いタレントの平野ノラ(38)を迎え、これまでの人生を思い出の曲とともに振り返った。この中で“恋人を自宅に招いたときに流したい曲”を他の出演者たちが紹介するコーナーで、指原は「ポップな感じで、いやらしい感じじゃなく」「私、けっこうムード作ったりするのが嫌なんですよ」と前置きし、SEKAI NO OWARIの『炎と森のカーニバル』をかけたいと話した。

 そしてスタジオでこの曲が流され、「この恋は秘密にしておくんだよ、さもなければこの子の命が危ない」というテロップが流されると、指原はこのフレーズを指して、これは「お前、絶対売るんじゃねぇぞ」という相手に対する自分のメッセージだと説明。過去のスキャンダルをネタにした自虐的な指原のコメントに、中居らも爆笑をしていた。

 その後、中居が自分の曲をかけないのかと聞くと、指原は「え、ヤバくないですか? フォーチュンクッキーとか」「めちゃくちゃイタイやつじゃないですか」と笑い飛ばした。中居が重ねて、恋人が指原のことを好きなら指原が歌う『恋するフォーチュンクッキー』も好きなはずだと言うと、指原は「そんなやつとつきあいたくないですよ」と、あらためて笑顔で否定した。しかしこの発言に中居が、指原のファンに失礼なのではないかと指摘したところ、指原は失言に気づいたようで、「『恋するフォーチュンクッキー』が好きな人は好き!」と、悪びれることもなくあっさり意見を変えて弁明していた。

「普通のアイドルなら失言でしょうが、今の指原だったら全然、問題ないでしょう。最近、きわどい発言が増えていますが、ファンはむしろそれを楽しんでいるところもあります」(芸能誌記者)――完全にバラエティの女王!

指原莉乃「つきあいたくない」ファンへの失言を指摘され動揺!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.