日刊大衆TOP 芸能

細川たかし「何割か持ってこい」モノマネで荒稼ぎのRGを一喝

細川たかし「何割か持ってこい」モノマネで荒稼ぎのRGを一喝

 8月3日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、演歌歌手の細川たかし(67)が初出演。細川のモノマネをしているレイザーラモンのレイザーラモンRG(43)を弟子にした経緯を明かし、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(54)らを驚かせる場面が見られた。

 番組冒頭、“激ギレから師弟関係へ! その顛末とは!?”というテーマで、細川とRGの関係を明らかにすることに。まず、VTRでは細川に内緒でRGが失礼すぎるモノマネを開発し、その髪型もますますエスカレートしていく様子が映し出された。そして、それをダウンタウンに知らされた細川が、当初RGにブチ切れしたにもかかわらず、最近では自らの新曲PVに自分に代わってRGを出演させたり、師弟関係を結んだという噂があることを紹介した。

 VTRが終わり、RGはモノマネがバレたあと、同局の『行列のできる法律相談所』で細川と一緒になったそうで、初対面でとにかく土下座しようと思い、「(スタジオの幕が)開くやいなやスライディングで土下座しました」と明かした。これに松本が「土下座するってことは(モノマネに)悪意があったってこと?」と指摘すると、RGは「違います!」と必死に否定した。

 そして細川が“こぶしたかし”という芸名をRGに与えたことについて浜田が触れると、細川は番組でRGと話をしているうちに許すことになり、RGを「“こぶしたかし”として弟子にした」と説明。「一気にブレイクだもんな。俺の新曲PVに出てんだから、とんでもないやつだよ」と苦笑い。さらに「紋つき袴も俺が全部あげた」と、細川。RGはうれしそうに立ち上がり、衣装の紋つき袴をあらためて披露した。さらにRGの髪の毛を細川自身がカットしている写真も公開され、スタジオに驚きの声が上がった。

 番組では、RGが細川をネタに荒稼ぎし、チケット代が1万9800円もするイベントを開催していることも告発。細川は「何割か持ってこいよ!」と笑顔で一喝し、RGは「全部差し上げます!」と即答。さらに細川と一緒に“細川たかしあるある”を披露し、最後は細川本人が「チーズが食えないよ」という“あるある”ネタで締めくくった。

「RGの失礼なモノマネとは、昨年9月頃、細川が自身のカツラ疑惑を否定したニュースに便乗し、前頭部の髪を剃り、細川の独特な髪型を誇張したものです。当時、細川は“吉本の社長に電話してクビにする”と大激怒したのですが、まさか共演をするまでの関係になるとは……。これにはRG本人が一番、驚いているんじゃないですか?」(芸能誌記者)――さすが大物演歌歌手は懐が深い!

細川たかし「何割か持ってこい」モノマネで荒稼ぎのRGを一喝

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.