日刊大衆TOP 芸能

山里亮太「いい曲か?」男を利用する加治ひとみの作詞法に激怒

男性の衝動をかきたてるのは“香り”だった
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

山里亮太「いい曲か?」男を利用する加治ひとみの作詞法に激怒

 8月3日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、“神ボディを持つ歌姫”として話題になっている歌手の加治ひとみ(29)が出演。男性を利用するという独特な作詞作りに、南海キャンディーズの山里亮太(40)が怒りをあらわにした。

 この日は、“曲を作るたびに男を取り替えるアーティスト”として加治が出演し、タレントのマツコ・デラックス(44)やナインティナインの矢部浩之(45)らとトークを展開した。その中で、加治は16歳の頃から書きためた日記を基に、デビュー曲などを作詞してきたと告白。自身の実体験をベースに作詞するスタイルであることから、自らを「和製テイラー・スウィフトみたいな感じ」と説明した。

 加治によると、作詞のために男性を取っ替え引っ替えし、さまざまなシチュエーションでデートを繰り返しているという。たとえば日常の風景をテーマにした曲の作詞をするときには、男性を呼び出してスーパーで野菜を買うデートをしたそうだが、歌詞のフレーズが頭に浮かぶと、デート開始から20分しかたっていなかったにもかかわらず、その男性には帰ってもらったのだとか。デート中でも「ピンときたワードがあったら、帰ってもらう」とためらうことなく語る加治に対し、矢部はもし自分がその男性だったら困ってしまうと苦言を呈した。

 さらに、加治が「ガツガツくる人を呼び出さない。山里さんみたいな、一見ああいう感じの人が好き」と山里の名前を口にしたところ、「君、うちのリングに上がってきた?」と闘志を燃やし、「君、かわいいからって、それ利用して男呼び出すだけ呼び出して20分で帰らせる? ずいぶんなもんだね。男はなんで君のところ来るか分かるかい? 君が好きだからだよ。その気持ち使って曲作る? そんな曲がいい曲かね!」とまくしたててブチ切れ。山里の勢いに驚いたマツコから、「ちょっと!」とたしなめられていた。

 しかし加治は山里のことを気にせず、“悪女”をテーマにした曲の作詞を手がけた際には、滞在中のホテルに男性を呼び出し、下着姿になった自分の絵を描かせたという仰天エピソードを披露。それを聞いた山里から「(男性が)絵が描き終わって、(加治が)歌詞を思いついたら、その人を帰らせるのかい?」と質問された加治が「すっごい勢いで帰すから」と答えると、山里は「王様だなぁ!」と怒りを爆発させていた。

「マツコは加治に対し、“ちょいちょい名言的なものを言うわよね”“あんなことやらなくたって、その言葉を歌詞にすればいいんじゃない?”とアドバイスしていました。加治の話を聞いて、さすがのマツコも心をもてあそばれた男性たちを気の毒に思ったのではないでしょうか」(芸能誌ライター)――山里が怒るのも、ごもっとも!

山里亮太「いい曲か?」男を利用する加治ひとみの作詞法に激怒

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.