日刊大衆TOP 芸能

『サマーウォーズ』は2位!「細田守監督のアニメ映画」一番好きなのは?

『サマーウォーズ』は2位!「細田守監督のアニメ映画」一番好きなのは?

 宮崎駿監督(76)の後継者ともささやかれ、今や日本を代表するアニメ映画監督と言ってもけっして過言ではない、細田守監督(49)。8月18日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、同番組4回目となる細田作品『サマーウォーズ』がオンエアされる。放送中限定の特別連動デジタル企画も用意され、「日本の夏映画の決定版」として、家族みんなで楽しめる時間となりそうだ。

 そこで今回は、これまで細田監督が手がけた長編アニメ映画5作品の中で、「最も好きな作品」を10代から40代までの男女100人に聞いてみた。

 まず、第5位(9%)になったのは、アニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の劇場版第6弾『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年公開)だ。これは細田氏が初めて監督した長編アニメ作品となる。

 楽園といわれる島へやって来たルフィたち麦わら海賊団。しかし、島主から次々と試練が与えられるうちに、仲間同士がギクシャクし始め、ついには仲間割れしてしまうという、シリーズの中でも異色の物語となっている。この作品を支持する人からは、「ルフィが仲間を失い、取り戻すために闘うところが好き」(20歳男性)と、細田作品らしい筋書きを評価する声が寄せられた。

 第4位(17%)には、『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開)が選ばれた。細田氏にとって2作目となる長編オリジナル映画で、本作で初めて脚本も手がけている。フランスで「ディズニーやピクサー作品とは一線を画すアニメーション映画」と評されるなど国際的な評価も高く、興行収入は42億円を達成。細田監督は、この作品で名実ともにヒットメーカーの仲間入りを果たした。

 人間の母親と”おおかみおとこ”との間に生まれた”おおかみこども”の姉弟が過ごした13年間が丁寧に描かれている本作。推した理由としても「家族のふれあいのシーンが良い」(33歳女性)、「家族のあり方を説いた映画」(31歳男性)、「親子の絆に感動する」(37歳男性)と、家族を描いた物語へのコメントがほとんど。それぞれが迷ったり傷ついたりしながらも成長し、自らの道を見つけていく親子の姿が感動を与えているようだ。

 第3位(19%)には、長編オリジナル映画4作目となった『バケモノの子』(2015年公開)がランクイン。累計興行収入が58億円を突破した大ヒット作品だ。スペインで開催されたサン・セバスティアン国際映画祭に、アニメ映画として史上初めてコンペティション部門にノミネートされたことでも大きな話題になった。

 この作品は、主人公である人間の世界に生まれた人間の子ども“蓮”が、バケモノの世界に迷い込み、バケモノの弟子になって成長するストーリー。人間とバケモノの世界を行ったり来たりしながら、それぞれの世界の住人と交流し、自分の居場所を模索する少年の姿が描かれている。ストーリーの面白さを評価するコメントが多かった一方、「声優にすずちゃんが出ていた」(29歳女性)、「大泉さんが声優として参加してるから」(38歳女性)と、本作の声優陣にひかれたという人も。この映画のキャストには、宮崎あおい(31)、広瀬すず(19)、黒木華(27)といった華やかな女優から、役所広司(61)、津川雅彦(77)、大泉洋(44)、リリー・フランキー(53)といった実力派俳優まで、豪華な顔ぶれが並んでおり、その点も当時大きな話題となった。

 第2位(22%)となったのは、細田氏が初めて挑んだ長編オリジナル作品『サマーウォーズ』(2009年公開)。ネット上の仮想世界で暴走する人工知能と、現実世界に暮らす大家族の戦いを描いたひと夏の青春ストーリーだ。映画館での配給規模はけっして大きくなかったものの、DVDなどの売り上げが後押しするかたちで、最終的な興行収入は16億円を突破している。

 この作品は、特に若い男性からの支持が目立っていて、「世界観が好き」(34歳男性)、「無性にひかれた。何度も見た」(27歳男性)と、熱心なファンが多いようだ。

 そして堂々の第1位(33%)に輝いたのは、『時をかける少女』(2006年公開)だ。原作は1965年に発表された筒井康隆氏(82)によるSF小説で、当初はわずか21館のみでの上映だったが、最終的には全国100館以上でのロングランとなった。

 原作は時間を旅する能力を持った少女が主人公の学園モノだが、この映画では筒井氏が「本当の意味での二代目」と発言するほど大幅に設定を変更。まったく新しい物語としてアニメ化された。この作品を選出した理由としては、「次元を超えた話が良い」(36歳女性)、「せつないところが好き」(30歳女性)、「なんともいえない雰囲気、感動がある」(46歳男性)、「原作が好きだから」(49歳男性)と多種多様。まさに、幅広い層から愛される作品になっていることがうかがえる。

 細田守監督の次回作は、2018年5月の完成を目指して製作中とのこと。少年を主人公にした兄妹の物語になるようで、カンヌ国際映画祭のフィルムマーケットに出品されるという話もある。細田監督が”世界のホソダ”と呼ばれる日はそう遠くないかもしれない。

『サマーウォーズ』は2位!「細田守監督のアニメ映画」一番好きなのは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.