日刊大衆TOP 芸能

石原さとみ、杏、壇れい…美人女優たちの激ウマ「そうめんレシピ」

石原さとみ、杏、壇れい…美人女優たちの激ウマ「そうめんレシピ」

 暑い夏の食事には、ツルッとして涼しげな「そうめん」が欠かせない。しかし、お盆も過ぎて「今年はもう食べ飽きた」という人は多いのではないだろうか。そんな人には、美人女優がテレビ番組の中で紹介し、それぞれ共演者から絶賛されたアレンジレシピをオススメしたい。

 まずは、石原さとみ(30)が『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で披露した「そうめん稲荷(いなり)」から。嵐の大野智(36)と同番組にゲスト出演した際、2人とも「料理が好き」だということで、料理の腕をふるうコーナーが設けられた。その中で、石原は安住紳一郎アナウンサー(44)におねだりされて、石原家で定番だという「そうめん稲荷」を作った。市販の味つけいなりに、ゆでたそうめんを詰め、その上に刻んだきゅうりや大葉、ミョウガなどをトッピングするこの料理。とても簡単なため、「なんてことないの作っちゃって申し訳ない」と謙遜していた石原だが、料理を食べた大野は「メチャうまいじゃん」と感動。安住アナも「うん、おいしい!」と絶賛した。

 続いてのそうめんレシピは、杏(31)が『しゃべくり007』(日本テレビ系)で作った「豆乳そうめん」。自宅でよく作るというこのそうめんは、めんつゆを豆乳で割り、そこに刻んだネギやミョウガ、そして食べるラー油をたっぷりと入れて食べるというもの。夫の東出昌大(29)も好物だということだったが、しゃべくりメンバーたちにも「初めて食べる味」「冷たい担々麺みたい」「食欲のない暑いときとかに、すごくイイ」と、大好評だった。

 最後は、檀れい(46)が『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で明かした「及川家のそうめん」だ。玉ねぎ、にんじん、ナスに大根などの野菜を刻み、ひき肉と一緒に炒める。それをカツオのダシで煮込み、冷たいそうめんをつけて食べる。夫である及川光博(47)の父から伝授してもらったというこのレシピは、試行錯誤の末、現在では及川からお墨つきをもらうほどのおいしさになったという。具だくさんの温かいつゆ&冷たいそうめんという意外な組み合わせに、スタジオでの反応も上々だった。

 芸能界を代表する美人女優たちがふだんから食べている、これらのそうめん料理。美容に良いのはもちろんのこと、作り方もとても簡単。本日の食事の一品として、今から試しに作ってみてはいかが?

石原さとみ、杏、壇れい…美人女優たちの激ウマ「そうめんレシピ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.