日刊大衆TOP 芸能

ブルゾンちえみ、“成績は学年トップ”高校時代の恩師と再会!

ブルゾンちえみ、“成績は学年トップ”高校時代の恩師と再会!

 8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)が出演。大学受験に失敗した際に、高校の恩師が励ましてくれたエピソードを明かした。

 この日の番組は“あの人から学びましたSP ”と題し、ゲストたちがそれぞれ感謝している相手を告白するという内容だった。その中で、ブルゾンの話題になると、彼女が故郷の岡山でお笑いライブをした際のVTRが紹介された。

 まずは、ステージに登場したブルゾンが「帰りました、岡山~!」とあいさつすると、観客からは「おかえり~!」という声が一斉に上がった。そんな中、客席に高校時代の恩師である先生を見つけたブルゾンちえみは「今、高校のときの先生がチラっと見えて、ちょっとウルっとしました」と告白。先生が見ているとあって気合いが入ったのか、ライブは大成功に終わった。

 ライブが終わるとすぐに、ブルゾンは先生のもとへ駆けつけ、感動的な再会を果たした。先生は当時のブルゾンについて「頑張り屋さんどころじゃない、もうちょっとレベルの高い(生徒だった)」と回想。「学力高いもんな」と振られたブルゾンちえみは「ちょっと学力は良かったです」と照れながら答えていた。

 番組の説明によると、高校時代のブルゾンはまじめな上に頑張り屋で、成績は常に学年トップだったが、大学受験では第一志望の学校に面接で落ちてしまったという。そして「私のしてきた努力は全部ムダだったんだ」と落ち込んでいたブルゾンを救ったのが、先生からの「おまえの魅力を分からない学校なんか行く必要ない。おまえの良さを分かってくれる人はたくさんいるから、落ち込むな」という言葉だったそうだ。その言葉は、ブルゾンちえみの心の中に刻み込まれており、芸能界でブレイクした今も、つらいときにはその言葉を思い出して励みにしているのだとか。

 そして、「先生の前でネタをやるっていうのが、ちょっと感慨深かったですね」「(先生が)私の頑張っているときを、今見てるんだって思うと、なんかウワーってなりました」となつかしさに浸るブルゾンだったが、先生は「へ~、それはそれは」「いやいやいや、それは良かった」とあっさりした対応を見せた。さらに先生はブルゾンの感動をよそに、彼女の髪の毛を見ながら「それって地毛だよな?」とまさかの質問。あっけにとらえたブルゾンは「地毛ですよ」と素直に答えながらも、すっかり気持ちが冷めてしまった様子だった。

 スタジオでVTRを見たお笑いタレントの東野幸治(50)から「思いが強いほど久しぶりに会ったときに“はいはい、あ~、そうなんですか~”って(いうあっさりした対応をどう思った?)」と聞かれたブルゾンは「ズコーって(なりました)」と答え、共演者たちを笑わせていた。

「ブルゾンちえみは第一志望の大学に落ちたとはいえ、国立の島根大学教育学部に進学し小学校の先生だった父親の影響を受けて教師を目指していたそうです。方向転換して中退しましたが、芸人になって正解でしたね」(お笑いライター)――先生がいなければ今のブレイクはなかった!?

ブルゾンちえみ、“成績は学年トップ”高校時代の恩師と再会!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.