日刊大衆TOP 芸能

有村架純と新垣結衣が争う「次期トップ女優」の座

[週刊大衆2017年09月04日号]

有村架純と新垣結衣が争う「次期トップ女優」の座

 浮き沈みの激しい芸能界において、ここ数年“キャリアハイ”を更新し続けている2人の美女がいる。それが、女優の有村架純(24)と新垣結衣(29)だ。「有村は、ヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』が、残り2か月となって視聴率が大爆発。国民的女優への階段を着々と上っています。対する新垣も、昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が社会現象を呼ぶヒットとなり、現在出演中の『コード・ブルー』(フジテレビ系)も絶好調。完全に上昇気流に乗っています」(テレビ誌記者)

 有村の『ひよっこ』だが、通常、朝ドラヒロインはオーディションで決まるところ、脚本家からの“ご指名”で決まったというところから、すでに縁起がいい。4月3日放送の第1話が朝ドラ9作ぶりの20%割れで不安視する声もあったが、徐々に数字を上げ、6月最終週には1週間全日20%超えを記録。その後は20%台を連発し、今や25%に迫る勢いなのだ。

「クランクイン前に5キロ増量する“逆ダイエット”を敢行し、物語が進むごとに、スリムになることで都会で洗練されていく女性を表現するなど、誰よりも真摯に役に取り組んできた結果でしょう」(ドラマ関係者)

 現在、物語は佳境。ますます目が離せない展開に、早くも終了後、“ひよっこロス”に陥る視聴者が出てくるともいわれている。が、どうやら、そんな暇はなさそうだ。有村は『ひよっこ』の後に、我々を驚かせる大仕掛けを仕込んでいたからだ。

 それは、『ひよっこ』終了1週間後の10月7日に公開される、主演映画『ナラタージュ』だ。高校教師と演劇部の教え子の禁断の恋が描かれるこの作品で、有村はこれまでにないセクシーな演技に挑み、激しいベッドシーンまであるという。

 朝ドラヒロインがドラマ終了直後にいきなり、ここまでの色っぽい姿を見せるのは、さすがに異例のこと。「朝ドラ女優は、清純派イメージからの脱却が大きなテーマになります。そこで転換できず、つまずいてしまう女優も多いんですが、まさに新しい境地を開拓しようという意気込みを感じさせる熱演でしたね」(映画評論家の秋本鉄次氏)

 今年の日本アカデミー賞候補の呼び声が早くも聞こえてくるほどで、今は“ひよっこ”どころか、一気に妖艶で美しい孔雀へと花開こうとする瞬間なのだ。

 対する新垣は、ある映像が大きな話題となっている。「トヨタ自動車『ノア』のウェブサイトで公開されている動画コンテンツ〈#金曜日の新垣さん〉です。新妻を演じる新垣が、新車でのお出かけをおねだりする姿がかわいらしすぎて、仕事を忘れて朝から何度も見てしまう男性諸氏が急増する“罪”な動画ですよ」(芸能記者)

 7月7日に配信された1本目の動画では、流しで洗い物をするガッキーが、「今日、七夕だね」と話しかけてくる。

「年に一度しか会えない織姫と彦星の話から、“あなただったら耐えられないでしょ。私と毎日会いたいでしょ”と甘えてくるんです。その笑顔に“ノー”と言える男は、いないのではないでしょうか」(前同)

 さらに、ベッドの上で正座して「明日は休んで、私を、どこかに連れて行きなさい。返事は!」と問い詰めたり、ベッドに寝転んで「明日は、お休みなんだよね。絶対、お休みなんだよね」と、かわいらしく迫ってくるのだから、もうたまらない。

 お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏が特に絶賛するのは、8月4日の配信動画。この中で、ガッキーは「いないいないばあ」をしてみせるのだが、「普通、“ばあ”では、もっとおどけた顔をしてみせるものですが、新垣さんはただかわいい笑顔を向けるだけ。“ばあ”と手を広げて彼女の笑顔が見えたとき、初恋のトキメキのように、思わずキュンと胸が締めつけられてしまうんです。ゲス不倫や夫への嫌がらせ動画など、結婚への夢を壊すような出来事ばかりの昨今にあって、“結婚っていいものだな”と思わせてくれますね」

 もちろん、結婚の“その先”のことも、ついつい妄想してしまうというもの。「来年30歳ということもあってか、昨年の『逃げ恥』をはじめ、他のCMでも同棲や結婚を想起させる役柄、シーンが増えています。見るものは“ガッキー=オレの嫁”との甘い新婚生活に想いを巡らせずにはいられません。存在自体が男の夢となる、稀有な女優と言えるでしょう」(ドラマ関係者)

 “本格派”として開眼した有村架純と“男の夢”を体現する新垣結衣。2人の美女の“天下獲り”は、これからが本番だ!

有村架純と新垣結衣が争う「次期トップ女優」の座

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.