日刊大衆TOP 芸能

野球バカ一代の甲子園「歴史的1日」観戦記【前編】

野球バカ一代の甲子園「歴史的1日」観戦記【前編】

 大いに盛り上がった甲子園も、花咲徳栄(埼玉)が広陵(広島)を破り、埼玉県勢初の優勝で幕を閉じた。高校野球ファン歴30年の“野球バカ記者”セキネは、決勝に残った2校の1回戦を生で観戦することができた。特に広陵が出場した日は、歴史に残る“歴史的な一日”となった。甲子園にどっぷり浸かった一日のレポートをお届けしよう。

 野球好きライターのSさんに誘われ、8月10、11日に甲子園に行くことに。雨で一日順延になった、11日の対戦カードがすごかった。

広陵(広島)―中京大中京(愛知)
横浜(神奈川)―秀岳館(熊本)
興南(沖縄)―智弁和歌山(和歌山)
大阪桐蔭(大阪)―米子松蔭(鳥取)

 ベスト8といわれてもおかしくない。優勝経験5校(中京大中京、横浜、興南、智弁和歌山、大阪桐蔭)に、準優勝経験のある広陵、3季連続甲子園ベスト4の秀岳館が勢ぞろいしたのだ。ラッキーな反面、球場に入れるのかという不安も……。

 10日の朝に甲子園入りし、1試合目の最終回から4試合目の途中まで観戦。第2試合に花咲徳栄が出場していた。実は、記者は埼玉県出身。高校時代は野球部に所属していたのだが、一度公式戦で花咲徳栄と試合をしたことがある(ボコボコにされたが……)。その縁(?)もあり、応援していたのだが、甲子園常連校となり、風格を感じた。

 この日は3塁特別自由席で観戦。一日中ずっといても1500円。もし子どもの頃に関西に住んでいたら、毎日行っていたことだろう。第1試合の途中から、第4試合の途中まで観戦して、いくつか分かったことがある。

【1】3塁より1塁で観よ!
(3塁は昼過ぎから日陰がなくなるため)
【2】短パンは危険!
(日ざしを浴びて、やけどに近いくらい焼ける。油断していると膝が真っ赤に!)
【3】タオルでしのげ!
(首や膝を太陽からガード)
【4】かちわりで体を冷やせ!
(Sさんは毎回2個ずつ購入。1個200円)
【5】甲子園カレーに期待するな!
(550円という安さの通り)

 暑さをなめてはいけないと身を持って思い知らされ、8月11日、いざ「伝説の1日」に挑む。おそらく相当な混雑が予想されるので、始発で行くしかない。ただ、中年二人は前日、一日中外にいたことで体力を激しく消耗していた。そこで、ホテルからタクシーで向かうことに。お盆の混雑により、宿泊先は新大阪。甲子園まで遠く、出費は痛いが、少しでも体力を温存しないと乗りきれない気がしたのだ。

 早朝4時半にタクシーに乗り込み甲子園に向かう。5時過ぎに甲子園に到着。始発電車が到着するより早かったので、これなら余裕だろうと思っていたら、驚愕の光景が広がっていた。朝の5時だというのに、人、人、人……。特別自由席の列の終わりが見えない。グルッと回り、ようやく列の最後尾を発見。やや列が短い3塁側に並ぶ。半端じゃない行列だ。「並ばれましても購入できない可能性が高いです」とアナウンスが流れる。常連さんたちも「こんなの見たことない」そうだ。

 不安になっていると、Sさんが口を開く。「お腹が痛くなってきた……」 そこで、青白い顔のSさんと二手に分かれることに。トイレに行った後は、外野席の列に並んでもらうことにした。外野席はなんと無料! 開門したらSさんに席を確保してもらう作戦だ。懸念材料があるとすれば、外野席には日よけがないことだがしかたない。Sさんと別れ、一人で並ぶこと30分。はたして内野席は買えるのだろうか。再びアナウンスが流れた。「外野席の開門は6時15分、内野席のチケット発売開始は6時30分です」

 この15分のタイムラグは憎い。内野席が売り切れたら、すぐに外野席に向かおうとしている人たちの“妥協心”が試されている気がした。何が正解なのか。悩みまくっていたところで、外野席が開門。内野席が売り切れ、外野席も入場制限で入れない可能性もある。SさんからLINEが入る。無事ライト側の席を確保したようだ。すでに外野席も7割くらい埋まっているという。内野席のチケット発売開始まで残り10分を切っていたが、判断が遅れ外野席にも入れなかったら……。ここは他人よりひと足早く、記者は外野席に向かう決断をした。暑さは気合で乗りきろう。

 Sさんが確保していたのは、真ん中にある通路の目の前の席。6時半を過ぎると内野席が徐々に埋まっていき、7時の段階で、球場は満員に。試合開始まであと1時間もあるのに……。途中、雨が降ったりもしたが、甲子園球場に到着して3時間。着席してから1時間半。待ちに待った第1試合が始まった。【明日公開の中編に続く】

野球バカ一代の甲子園「歴史的1日」観戦記【前編】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.