日刊大衆TOP 芸能

紗綾「グラビア歴12年ですから、グラビア評論家になろうかな(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年09月11日号]

紗綾「グラビア歴12年ですから、グラビア評論家になろうかな(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 ネット上で公開されたキックボクシング動画も話題の紗綾さん。44枚目となる最新DVDでの撮影秘話から、公開間近の舞台の話、好きなタイプの男までガツンと聞いた!

――待望の新作イメージDVD『LOVE U~揺れる距離感~』が9月22日に、ついに発売されますね。

紗綾 はい。えっと……これで44枚目のDVDになります(笑)。

――すごいですね。それだけの枚数を出していても、ネタ切れしないんですか?

紗綾 アハハ、そうなんですよ(笑)。これまでと違いを出すには、どうしようかなって考えて、前作『今、愛してくれますか?』(イーネット・フロンティア)からデビュー以来初のショートヘアにしてみたんです。

――なるほど。似合ってますね。では、最新作の見どころを教えてください。

紗綾 前回が“動き”が少なめだったので、その反動じゃないですけど、今回は動きが多めで、メッチャ動きました。

――どんな動きですか?

紗綾 走ったり、跳ねたり……それをタンクトップ1枚の衣装でやっているんです。

――おお~。“揺れ具合”をとことん堪能できるということですね。

紗綾 そういう意図になっちゃいますね(笑)。

――発売が待ちきれませんね。撮影はどちらで?

紗綾 前回に引き続き、タイのパタヤです。タイは大好きですね。特に、タイ料理のトムヤムクンが。

――へえ~。

紗綾 パタヤの海沿いにあるレストランで、トムヤムクンがおいしいところがあるんです。海外ロケはテンションが上がるんですが、最近、減りましたね。

――このご時世ですからね~。小学5年生からグラビアモデルとして活動している紗綾さんは、いろんな国で撮影したでしょ?

紗綾 はい。もう数えきれないぐらい。

――その中で一番のお気に入りは、どこですか?

紗綾 中学2年生のときに『Road-紗綾写真集』(小学館)の撮影で行った、オーストラリアのケアンズかな。すごい大自然の中で撮ったんです。

――中学2年生のときにケアンズで仕事なんて、すごい人生を歩んでいますね。

紗綾 今23歳ですけど、グラビア歴も12年になりましたから、“グラビア評論家”になろうかなと思っていて(笑)。

――おっ。他の方のグラビアについて、いろいろと言いたいことがある?

紗綾 思うことは多々ありますね。そのグラビアのテーマやコンセプトを見て勉強になることもあれば、“私なら、ここはこうする”と考えちゃうことも(笑)。

――お~。紗綾さんの考える理想のグラビアって、どんなものですか?

紗綾 グラビアは一種のお芝居と考えてます。よくある王道の水着姿のニコパチ(笑顔の写真)もいいと思うんですけど、もっとストーリー性を持たせようよって言いたいですね。

――たとえば、彼と旅行している設定であったり、幼なじみの気になる男子とのひと時であったりとか?

紗綾 そうですね。何かテーマがないと、表情が作れないと思うんです。DVDの撮影でも、“プルンプルン揺れているのを見せればOKでしょ”みたいな型にハマった撮影は、あまり好きではないんです。

――厳しい意見ですが、グラビアに対する愛をひしひしと感じました。仕事は最近、お芝居のほうも精力的に活動されていますね。

紗綾 はい。今年の4月には舞台『ちるらん 新撰組鎮魂歌(レクイエム)』に出演させていただきました。

――どうでした?

紗綾 私、そのときの舞台で生まれて初めて、セリフが飛んでしまったんです。

――え? 大丈夫でした?

紗綾 長いセリフのシーンだったんですけど、間の言葉がスポーンと抜けちゃったんです。焦りましたね。ただ、最初と最後のセリフだけはなんとか言えたので、乗り切れました。

――じゃあ、会話自体は成立していたんですね。

紗綾 はい。お客さんも、まさか私がセリフを忘れている、とは気づかなかったはず。共演の方が、うまくフォローしてくださったので、助かりました。でも……。

――でも?

紗綾 いまだにそのときのことを“夢”に見るんです。セリフが飛んでしまって、おろおろしている自分を夢で繰り返して見ちゃう。

――そんな悪夢をふり払うかのように、9月1日から公演される舞台『百年の虎独二〇一七』では、主演を務められます。

紗綾 ユニークで誰も真似できないような芝居の世界観を持つ唐橋充(ミシェル・カーラー)さんからの出演オファーだったので、うれしくてたまりません。

――この舞台は深い穴に落ちてしまったある少女が、そこから這い上がる姿を描いたファンタジー作品ですが、脚本は読みましたか?

紗綾 はい。笑いました。読めば読むほど面白さが倍増していく感じです。

――読み込んでますね。

紗綾 セリフはバッチリ覚えました(笑)。

――稽古がまだ始まっていないとのことで(取材日時点)、答えづらいかと思いますが、見どころは?

紗綾 シリアスなシーンでも、面白いセリフや演出がちょいちょい出てくるところでしょうか。いただいた役を純粋に精いっぱい演じようと思っています。読者の皆さんにも、ぜひ見に来ていただきたいですね。

――そうですね。また他にも、今年の2月からキックボクシング団体のサポーターも務めていますよね。

紗綾 もともと、ボクシングジムに毎日のように通っていて。格闘技好きの流れでお話をいただきました。

――今もボクシングをやっているんですか?

紗綾 今は、お仕事でキックボクシング体験をやらせていただくことがありますが、ふだんはスポーツジムに通っています。ダンベルを使った筋トレが中心です。自分の体調と相談して、重さは20キロスタートで最高で30キロの重さでトレーニングすることもあります。

――スタイル維持に筋トレは必須ですからね。

紗綾 撮影前には集中して痩せますね。有酸素運動メインのときは、体が痩せると同時に胸も縮んじゃいました。けれども、筋トレをメインにしてからは、バストは維持できて体は引き締められる感じでうれしいです。

――筋トレ以外には、食事の管理もしてますか?

紗綾 最近、食事に気を遣っているというか、甘いものが全然、食べられなくなってしまって。ごはんを食べる量も減りましたね。以前は目の前にあるものを、全部食べてたんですけど(笑)。

――そうなんですか。体の調子は大丈夫ですか?

紗綾 どこか悪いわけでもないので、10代と比べて体質が変わったのかも。あっ、でもお酒は飲みますよ~。

――何をよく飲むの?

紗綾 ホッピーです。低糖質だから(笑)。以前は赤ワインとかが好きだったんですけど、顔がむくんだり、太るので。ホッピーにしたら、それがなくなって。

――お酒を飲むときも気を遣っているんですね。

紗綾 グラビアの撮影前は飲みませんけど、ふだんは飲みの誘いを断らないタイプです(笑)。

――素晴らしい。というかお酒が好きなんですね。

紗綾 飲むときはずっと飲んじゃいます。友達とお昼の3時から12時間飲み続けて、3軒のお店に行ったこともあります。

――強いですね。お酒の席での失敗はありますか?

紗綾 ないですね。記憶はほぼあるんですけど、酔っぱらうと他人の話を聞かなくなります。メッチャしゃべるし、ずっと笑っているし(男性同士で話すような)下ネタをすごくしゃべっちゃうんです。

――それは意外(笑)。気になる男性と飲みに行ったらどうなるんでしょ?

紗綾 相手が引くくらい、ハイテンションになっちゃうかな(笑)。

――一緒にいると舞い上がっちゃうような好きな男性のタイプを教えてください。

紗綾 筋肉質の人が好きですね。内面的にはパパみたいな人。

――お父さんはどんな感じなんですか?

紗綾 気づいたら家事をやってくれているんです。母とも今もラブラブで、ステキだなあと思うんですね。

――じゃあ、お父さんぐらいの年齢でもOK?

紗綾 いやあ、それは……(笑)。うちの父は今、50歳なんですけど、それぐらいの年の方だとパパを思い出しちゃいますね。

――悲しい~。でも、これが娘世代の本音ですね。では、最後に今後の抱負を教えてください。

紗綾 バラエティ番組にもっと出たいですね。もちろん、グラビアもやれるところまでやりたいです!

――これからも応援しています!

 子どもの頃からグラドルとして活躍してきただけあって、年齢より大人びた印象の紗綾さん。舞台での活躍も見逃せませんぞ!

 紗綾さんが出演する舞台『百年の虎独二〇一七』は9月1日~10日まで、東京・下北沢のGEKI地下LIBERTYで公演。チケット:前売り4500円、当日5000円。公式HP:http://legsloins.co.jp

紗綾 さあや
1993年11月15日、福岡県生まれ。T150。11歳からグラビア活動を開始。Fカップ小学生として注目を集める。以後、グラビア以外にも2015年9月まで『王様のブランチ』(TBS系)でリポーターを務めるなど、バラエティ番組や映画、舞台などに活躍の場を広げる。現在はキックボクシング『KNOCK OUT』オフィシャルサポーターや北九州市特命観光大使を務める。公式ツイッター:@saaya_official

●ポラロイドプレゼント●
紗綾さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

紗綾「グラビア歴12年ですから、グラビア評論家になろうかな(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.