日刊大衆TOP 芸能

「ジャムおじさん黒幕説」ほかアンパンマンの都市伝説の真実とは!?

「ジャムおじさん黒幕説」ほかアンパンマンの都市伝説の真実とは!?

『アンパンマン』は、漫画家で絵本作家のやなせたかし氏(1919ー2013・94歳没)の手によって絵本の中で誕生したキャラクター。1988年にテレビアニメ『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)が放映開始され、1989年からは年2本ペースで長編アニメ映画が公開されている。また1996年にはやなせ氏の出身地である高知県に『香美市立やなせたかし記念館』が、2007年に『アンパンマンこどもミュージアム』が開館し、現在全国5施設まで増えている。アニメ映画、漫画、ゲームソフト、おもちゃ、グッズなど多数の関連商品が存在し、その総売り上げ額は、2010年の時点で1兆1000億円。2009年には「単独のアニメーション・シリーズでのキャラクター数」がギネス記録にも認定された。

都市伝説その1:ばいきんまんの黒幕はジャムおじさんだった!?

 日本を代表する人気キャラクターであるアンパンマンと、その仲間たち。アニメ版は1500話以上が放送されているためさまざまな噂があるが、まずはばいきんまん関連の都市伝説から検証してみよう。

●都市伝説の内容

 いわずと知れたアンパンマンの宿敵、ばいきんまんは、パン工場のジャムおじさんが作ったジャムパンマンとして誕生したという噂がある。ジャムパンマンとしての体がカビてしまったため、ジャムおじさんはすべての”良心”を注ぎこんだ中身のジャムを取り出すことにしたというのだ。そして残ったジャムパンマンの体からばいきんまんを、ジャムからドキンちゃんを作ったのだという。それゆえ、ばいきんまんはパン工場を襲わず、「ばいきんまんの黒幕はジャムおじさんだった!」という噂がまことしやかにささかれているのだ。

●はたして、本当なのか?

 ”ばいきんまん”はバイキン星から卵の状態でやってきたばい菌であることが分かっている。しかも、実はばいきんまんは何度もパン工場を襲撃しているのだ。というわけで「ばいきんまんの黒幕はジャムおじさんだった!」という都市伝説は間違い!

都市伝説その2:初代アンパンマンは人間だった!?

 続いてはアンパンマンの誕生秘話を調べてみた。アンパンマンは初代~3代目まで存在していたのをご存知だろうか? この事実を知っている人はあまりいない。それもそのはず、国民的人気を誇ったのは3代目で、初代と2代目はほとんど知られていないのだ。しかも興味深いことに、初代と2代目のアンパンマンは今のイメージとはまったく異なるキャラクターを持っていた。

●初代アンパンマン

 1969年に雑誌『PHP』(PHP研究所)で発表された短編メルヘン『十二の真珠』に初登場。人間の顔をした冴えない小太りのオジサンで、できることはパンを焼くことと空を飛ぶことだけだった。長期化する戦争で子どもたちが飢えに苦しんでいることを知ると、薄汚れたヨレヨレのマントをまとってヨロヨロと飛んでは、自分で焼いたアンパンを分け与えに行った。しかし怪しい飛行機と誤認されたのか高射砲で撃ち落とされてしまい、その後どうなったのかは不明のまま物語は終わっている。

●2代目アンパンマン

 1973年頃から絵本『あんぱんまん』(フレーベル館)に登場。食べられるアンパンの顔を持つ痩せ型のヒーローという設定で、少々腕白でニヒルな性格の持ち主だった。空へ飛び立ってはおなかを空かせた人を見つけ、自分の頭を食べさせることを繰り返していた。空腹の人を助けるという内容が、子どもたちには難しすぎるということで、当時の評論家や保護者、教育関係者からは評価されなかった。また顔を食べさせるのは残酷だというバッシングを受けたこともある。

都市伝説その3:主題歌『アンパンマンのマーチ』の秘密

 キャラクターに限らず、主題歌『アンパンマンのマーチ』にも都市伝説がある。テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』の放送開始以来、オープニングテーマとして使われ続けているため、非常に認知度の高い曲。2011年3月11日に発生した東日本大震災の直後、ラジオ局にリクエストが殺到したことでも有名だ。

●都市伝説の内容

 作者のやなせ氏は戦争経験者で、戦時中はプロパガンダの制作を担当していた。また弟は海軍所属の特攻隊員で、太平洋戦争において22歳の若さで亡くなっている。実は、『アンパンマンのマーチ』の歌詞をよく読むと、特攻隊員を連想させるフレーズがあり、この曲の歌詞は弟に捧げられたものである、という説がある。

●はたして、本当なのか?

 やなせ氏が戦争経験者であり、実弟が戦死しているということは事実。だが、やなせ氏本人は、自身の著書の中で「ぼくはそんなつもりはなかった」と正式に否定している。よって、嘘!

都市伝説その4:アンパンマンは、全身食べられる!?

 みんなが知っているアンパンマンの最大の特徴といえば、顔が食べられるということだろう。しかしそこにも、ある噂が存在している。

●都市伝説の内容

 テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』の第一話では、”アンパンマン”がパン用かまどから登場したときに、すでに洋服を着ていたことが明らかになっている。また過去には頭部の具があんこ以外で代用されたり、パン以外の頭部がくっつけられたこともあった。そのときはマントや全身の仕様が変化するなどしたため、洋服を含めた体部分も頭部と同じように食べられるのではないかという都市伝説がささやかれている。

●はたして、本当なのか?

「アンパンマンは、全身食べられる!?」という都市伝説の真偽は、実際に全身を食べられるというシーンが放送されたことはないため、いまだに不明である。

●アンパンマンの顔の秘密

 では、アンパンマンの交換された顔はどこへ行くのだろうか? 新しい顔がセットされた瞬間に、交換された古い顔は消え去ってしまうようだ。また新しい顔がないときは臨時の顔で代用されることもある。臨時の顔は新しい顔を作る材料がないときに登場し、これまでにあんまん、アップルパイ、月見団子、大福などがあった。

都市伝説その5:ジャムおじさんとバタコさんは妖精だった!?

 この二人なくしては、物語が成立しないほど重要なキャラであるジャムおじさんとバタコさんにも、知られざる真実があった。

●都市伝説の内容

 アンパンマンワールドにおいて、二人だけが人間のような見た目で、特殊な能力は持たない。しかし、「ジャムおじさんとバタコさんは、人間ではない」という都市伝説がある。

・ジャムおじさんの特徴

 ジャムおじさんはパン工場に住んでいるパン職人で、アンパンマンの生みの親。科学者でもあり、アンパンマン号や巨大メカの発明もしている。趣味は乗馬、バイク、サーフィンなど。登場するほとんどのキャラクターから好かれている存在。

・バタコさんの特徴

 バタコさんはパン工場で働くジャムおじさんの助手。裁縫や料理、お菓子作りが得意で、アンパンマンのマントが破れると縫って直してくれる。アンパンマンの新しい顔を投げる回数が最も多く、ほぼ百発百中。好きな食べ物は、綿飴。

●はたして、本当なのか?

「ジャムおじさんとバタコさんは、人間ではない」という伝説は本当である。アンパンマンワールドに人間はおらず、ジャムおじさんとバタコさんも人間の姿をしているが、実は妖精なのだ。なお公式HPの説明によると、ジャムおじさんとバタコさんは一緒に暮らしているが親子や肉親ではないとのことだ。

都市伝説その6:バタコさんとおむすびまんは夫婦だった!?

 アンパンマンワールドでは絶世の美女とされるバタコさん。そんなマドンナが放っておかれるはずもない!?

●都市伝説の内容

 バタコさんには、おむすびまんとの噂が流れている。それは、「おむすびまんとバタコさんが結婚したのではないか」というものだ。

●はたして、本当なのか?

 おむすびまんはバタコさんと出会って一目惚れし、お土産やプレゼントを渡そうとしてばいきんまんに邪魔されることが多く、またバタコさんはパン工場の誰よりもおむすびまんが旅から帰ってくるのを楽しみにしていた。しかし、これといった進展のないまま20年以上が経過した現在では、アニメ放送の中で二人の恋模様が描かれることはなくなっている。「その間に結婚したのでは?」「もしかして離婚したの?」といった噂が飛び交っているが、その真相は闇の中だ。

都市伝説その7:めいけんチーズは、ばいきんまんの手先だった!?

 パン工場に住み着いているめいけんチーズは、名犬というだけあってアンパンマン号の運転やアンパンマンの顔交換などもできる。ガールフレンドのレアチーズとは相思相愛の仲。嗅覚は鋭敏で、何度もアンパンマンの窮地を救っている。

●都市伝説の内容

 犬が嫌いだったアンパンマンに、ばいきんまんがチーズを送り出したものの、チーズはバタコさんに懐いてしまったが「めいけんチーズは、ばいきんまんの手先だった!?」という都市伝説がある。

●はたして、本当なのか?

 アニメ版の公式サイトには「第一話で、森の中でおなかをすかせてないていたチーズを、アンパンマンが顔をあげて助けました。どこから来たのかはわかりません。ちなみに『チーズ』という名前は、アンパンマンに連れてこられたパン工場でバタコさんに付けてもらいました」という説明がある。

 ただし、チーズが初登場したいちごえほん版では、当時犬が嫌いだったアンパンマンに対して、ばいきんまんが送り出したスパイ、という設定になっていた。しかしチーズは最終的にばいきんまんを裏切ってバタコさんに懐いてしまい、パン工場に迎え入れられた、と描かれている。よって、この都市伝説は、真実!

都市伝説その8:アンパンマンには幻の最終回が存在した!?

 テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』には幻の最終回が存在したといわれている。

●幻の最終回、その内容とは

 幻の最終回とされているのは、1989年9月11日放送の「アンパンマンととぶ木馬」。当時のアニメは4クールの1年放送が当たり前だったので、この放送は本来、最終回として用意されていた、といわれているのだ。ただし、アニメの人気が高かったため、その後もシリーズは現在まで継続している。

 この「アンパンマンととぶ木馬」では、他のエピソードとは違う特徴がいくつかあり、見どころとなっている。

 まず冒頭で、恐ろしいものを見たという顔で自分から逃げていく人々に対して、ばいきんまんが今までの悪事を後悔するかのようなことを寂しそうにつぶやくシーンがある。現在では反省している様子などまったく見せないばいきんまんの貴重な姿である。

 また中盤ではドキンちゃんのピンチに、ばいきんまんがしかたなくアンパンマンに助けを求めた。そしてなんと、アンパンマンもピンチに陥ってしまったために、ばいきんまんがパン工場に新しい顔を取りに行き、アンパンマンを復活させるという、ばいきんまん的にはありえないストーリーが展開された。

 しかも終盤でドキンちゃんを救出に行くときには、ばいきんまんがアンパンマンの背中に同乗して飛んで行くのだ。これではまるで、ばいきんまんがアンパンマンの味方のようである。

まだまだある! アンパンマンの豆知識

 アンパンマンと仲間たちには、その他にもいろいろなトリビアがあるので、一部をご紹介しよう。

★「アンパンマン」という名前の小惑星がある

 火星と木星の間を公転している太陽系の小惑星。1997年に発見され2003年に命名された。

★作者の「やなせたかし」からとった小惑星「やなせ」もある

 小惑星「アンパンマン」と同じく、火星と木星の間を公転している太陽系の小惑星。1995年に発見され、2003年に命名された。

★アンパンマンのあんこは、つぶあん

 やなせ氏がつぶあん好きなため、形状が脳みそに見立てられるため、あんことして一粒一粒を成り立たせられるためといった理由がある。

★めいけんチーズは、話せる

 絵本などでは普通に日本語を話している。やなせ氏によると、テレビアニメで話さないのは、その必要がないからとのこと。

★ジャムおじさんは、実はハゲている

 普段はコック帽やナイトキャップ、オシャレな帽子などで隠されているが、実は頭頂部がキレイにハゲている。

★気になる食パンマンとドキンちゃんの関係

 作者のやなせ氏いわく、残念ながら二人は絶対に結ばれないとのこと。

まとめ

 アンパンマンの都市伝説をまとめ、その真相に迫ってみたが、いかがだっただろうか? 真偽が明らかになったものもあれば、依然として不明なままのものもあった。しかし空腹の人に自分の頭を差し出し、弱い者がいたら必ず助ける正義の味方アンパンマンが、絵本発表から約45年、アニメ放送スタートから約30年を経た現在でも、子どもたちから変わらず愛され続ける永遠のヒーローであるのは間違いないだろう。

「ジャムおじさん黒幕説」ほかアンパンマンの都市伝説の真実とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.