日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ上級者が『海物語』を好んで打つ理由 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第60回 私と『海』のストーリー

 ひえ~! 恐ろしい!! 気づけばドラクエざんまいのうちに、今年も夏が終わろうとしているじゃないですか! こんがりと日焼けしちゃうくらいリア充な夏を送る予定だったのに、私の肌は相変わらず真っ白(涙)。

 でもまぁ、全然後悔はしてないんですけどね。だって、ドラクエがめちゃくちゃ面白いんだもん。いや~、ホントに何度泣かされたことか。もしかしたら、ここにきて最高傑作なんじゃないですかね。怪物コンテンツ、そして超ベテランスタッフ勢の底力は計り知れないなぁ。我々若手(中堅!?)世代も負けてられないなと、勇気づけられますよ。

 そしてパチンコ界にもまた、ドラクエ並みの怪物コンテンツが存在します。『北斗の拳』『牙狼』『ヱヴァンゲリヲン』『花の慶次』『必殺仕事人』……そうですね、どれも怪物です。でも、肝心のアレをお忘れではないですか?

『安田美沙子のトロピカルエンジェル』? それとも『ほしのあきの胸キュンパラダイス』? う~ん、惜しい! 正解は三洋の『海物語』シリーズでした! タコ、カニ、ジュゴンなどの海の生き物たちが右から左に流れていく、パチンコを打たない人でも知っている、あの超有名シリーズです。一時期はホールに設置されているパチンコ台の約半分が『海物語』と言っても過言じゃないほどのシェアを誇っていた、まさに“キング・オブ・パチンコ”!

 そんな、多くのパチンコファンに愛されている『海物語』シリーズですが、我々パチンコライターもまた、『海』を深く愛している……なんて言葉じゃ足りないかもしれませんね。『海』に人生を捧げているライターがたくさんいます。

 私の知る限りでは、パチンコライター・バイク修次郎さんの『海』愛は群を抜いていますね。バイクさんから何度、「海に救われた」「海に人生を変えてもらった」って話を聞かされたことか(笑)。それだけ、『海物語』シリーズは多くの人に深く愛され、かつパチプロの稼ぎを支えている台なんですよね。

『海物語』シリーズが多くのファンに愛される理由は、たくさんあります。まずは一にも二にも、演出が非常にシンプルな点! 昨今のパチンコ台は、変動開始から大当たりまでの道のりが長いですよね。保留の色が変わり、疑似連を重ねて役モノガッシャーン。長い長いスーパーリーチを経て、ようやく図柄がそろいます。

 ノーマルリーチで当たることなんて、ほとんど……というか、九割九分九厘、ありません。それに加えて、リーチ中はカットインの色で信頼度が大きく変わったりと、チャンスアップが豊富なぶん、演出を知っていないとチンプンカンプンなこともありますよね。

 それに対して『海物語』は、「魚群が走れば激アツ」これさえ知っていれば十分! しかもノーマルリーチで大当たりすることも頻繁にあります。リーチがかかるだけでドキドキできるのは、『海物語』シリーズだけですね♪

 演出がシンプルだからこそ「時間効率」が良い点も、大きな魅力の一つです。そしてこの理由こそが、パチンコライターやパチプロたちが『海物語』シリーズをこよなく愛する最大の理由でもありますね。

「時間効率」という言葉はパチンコ以外のシーンでもよく使われますが、パチンコにおいては、主に「早さ」のことを指します。具体的に言えば、「通常時のデジタルが変動する早さ」「大当たりを消化する早さ」「確変や時短を消化する早さ」のこと。つまり、たとえば1時間でより多くデジタルを回すことができる台、大当たりラウンドをより早く終わらせられる台、確変中に次の大当たりがより早くやってくる台が、“時間効率が良い台”なのです。

 時間効率が良い台は、より勝ちやすい台でもあるといわれています。『海物語』シリーズは演出がシンプルなので、特に「通常時のデジタルが変動する早さ」が、他の機種と比べても段違いで、時間効率が極めて優秀。勝ちにこだわるパチンカーが『海物語』を愛する理由は、ここにあるのです。

 バイクさんほどではありませんが、私も『海』大好きライターのはしくれです。でも、パチンコを始めた当初は、ほとんど打つことはありませんでした。というか、むしろ嫌いな部類だったんです。確か、初めて打った『海』シリーズは、『新海物語』だったと思います。

 当時はまだ「時間効率」という概念も知らず、また、演出の多彩さが人気を博していた『ピンク・レディー』にハマっていたこともあり、同じ千円があっという間に消えてしまう『海物語』が怖くて怖くてしかたがありませんでした(笑)。演出も華やかじゃないし、同じ千円を使うなら、カワイイ演出が楽しめて、歌も聴けて長く楽しめる『ピンク・レディー』のほうが断然良いや、と思っていたんです。

 そんな『海』恐怖症を克服するキッカケになったのが、2009年に導入された『スーパー海物語IN地中海』でした。

地中海
CRスーパー海物語IN地中海
(三洋/2009年)

 当時の私は、パチンコ攻略誌の編集部員。攻略誌に携わる者として、さすがに『海物語』が苦手というのは問題があるよなぁと思い、当時新台だった『スーパー海物語IN地中海』を打ってみることにしたのです。ぶっちゃけ『地中海』は、シリーズ中『ハイパー海物語INカリブ』につぐ“異端作”と一部ではいわれている台(笑)。「疑似連」が搭載されていて、かつかなり頻繁に発生するなんて、『海』っぽくなかったですもんねぇ。

 でも、『海』初心者の私にとっては、それがハマるキッカケになったんです。「あれ? 『海』って思っていたよりもずっと演出が楽しめるし、ステップアップも楽しいし、カワイイ!」って。シンプルな演出に慣れてさえしまえば、ノーマルリーチでの大当たりしたときや魚群が走ったときなどに興奮が凝縮する「絶妙な演出バランス」の虜になるまでに、そう時間はかかりませんでした。

 しかもこの実戦、一撃21連オーバーの快勝だったんです。もし負けていたら、『海物語』に対するイメージは昔のままだったかもしれないですね。

 リアルなビーチで遊ぶのはそろそろお開きムードですが、パチンコの『海』なら、一年中いつでもオンシーズン♪ 夏を満喫しそびれたそこのあなた、『海物語』シリーズで夏にやり残した思い出作りをしてみませんか? 皆さまのパチンコ実戦が楽sea思い出になりますように。それではGOOD LUCK!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコ上級者が『海物語』を好んで打つ理由 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.