日刊大衆TOP 芸能

本田朋子アナ、平井理央アナに「泣かされた」フジテレビ時代の暴言を暴露

本田朋子アナ、平井理央アナに「泣かされた」フジテレビ時代の暴言を暴露

 9月20日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、夏休みで休んだフリーの上田まりえアナウンサー(30)の代役として、フリーの本田朋子アナウンサー(34)が出演。“苦手なアナウンサー”についてコメントする場面があった。

 番組の終盤、視聴者から送られた「思い出深い番組はなんですか?」という質問が紹介されると、本田アナはスポーツ番組『すぽると!』(フジテレビ系)を挙げ、「アナウンサーとして育てさせてもらいました」と回答した。

 するとMCのふかわりょう(43)は、すかさず「苦手だったアナウンサーはどなたですか?」と質問。そして、本田アナが答える前に「平井理央さんでよろしいですか?」と、フジテレビの1年先輩である平井理央(34)の名前を強引に出してしまった。本田アナは「いやいやいや!」と、即座に否定したのだが、「平井理央さんには一回泣かされたことがあるので、それは今でも……」と、『すぽると!』時代のエピソードを明かし始めた。

■先輩女子アナのキツイひと言とは?

 当時の本田アナが、プロ野球で優勝が決まったときに恒例のビールかけを取材したときのこと。当然、本田アナも選手たちからビールをかけられたのだが、びしょびしょになった本田アナの顔を見た平井アナが「カッパみたいだったよ」と言い放ったというのだ。

 本田アナは「それだけはちょっと“今でも忘れないよ!”って」と、笑顔で平井アナにメッセージを送っていたが、知られざる逸話にスタジオは微妙な空気になってしまい、ふかわは「なんかすみません。ガチな感じになっちゃいました」と、狼狽していた。

「本田アナはフジテレビ入社前から大学生キャスターとして『すぽると!』に出演していて、入社当時から注目されていました。一方、平井アナも学生時代からモデルとして活動していて、新人時代から話題の存在でしたから、1年後輩の本田アナのことをライバル視していたんでしょうね」(女子アナウォッチャー)――知られざる女の戦い!

本田朋子アナ、平井理央アナに「泣かされた」フジテレビ時代の暴言を暴露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.