日刊大衆TOP 娯楽

【G1スプリンターズS】桐生祥秀の“9”に注目「井崎脩五郎 競馬新理論」

 今年の日本短距離界。その象徴的数字は「9」である。なぜかといえば、ご存知のとおり、陸上男子100メートルで桐生祥秀(きりゅう・よしひで)選手が、日本人として初めて9秒台をマークしたからだ。

■日本競馬の短距離チャンピオンを決定するG1スプリンターズステークス

 この数字「9」の輝きは、競馬の短距離界にも及ぶに違いない。日本競馬の短距離チャンピオンを決定するスプリンターズSにおいても、注目の数字は「9」、すなわちゼッケンの9番である。おそらく、9番ゼッケンをつけた馬がごちゃつく後続をぶっち切って先頭でゴールに飛び込み、電光表示板にたったひとつ点った馬番が9。そこでわれわれファンがみんな、(やっぱり今年の短距離界は“9”だよなあ……)と思うストーリーになっているのではないか。

■陸上男子100メートルの日本人最高記録を持っていたのは…

 桐生選手が10秒の壁を破るまで、陸上男子100メートルの日本人最高記録を持っていたのが伊東浩司選手で、1998年12月13日にバンコク・アジア大会でマークした「10秒00」。その日から今年まで、じつに19年も破る日本人選手が現れない大記録だった。

 伊東選手のあの10秒00という大記録が生まれたのは日曜日。その日、日本では、重賞の愛知杯が行われていた。そして、その愛知杯では、伊東選手の10秒00とリンクするかのように、ゼッケン10番のカネトシガバナーが勝っている。今年はゼッケン9の出番だ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【G1スプリンターズS】桐生祥秀の“9”に注目「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.