日刊大衆TOP 芸能

プロ野球、セ・リーグMVPに広島・丸佳浩を推す理由 【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

[週刊大衆2017年10月16日号]

バナー

 中国新聞社が広島の本拠地マツダスタジアムで行ったセ・リーグMVPを予想するアンケートによると、1位は外野手の丸佳浩で46%を占めた。2位はリーグ2位の15勝(3敗)をあげている薮田和樹で、22%だった。妥当な数字だろう。

■広島カープ石井琢朗打撃コーチも「打線の軸は丸」

 私もMVP候補の一番手に丸を推す。打率3割9厘(5位)、23本塁打(8位)、91打点(2位)、13盗塁(11位)、168安打(1位)、108得点(1位)。3番打者として非の打ち所のない成績だ。石井琢朗打撃コーチも「打線の軸は丸」と語っていた。

 先に示した成績もさることながら、丸の最大の特徴は選球眼の良さである。今季もリーグ4位となる82の四球を選んでいる。2014、15年はセ・リーグの“四球王”だ。それについて丸はこう語る。「もちろん、最初から四球を取りにいくわけではありません。打ちにいくべき球と、打ちにいってはいけない球をきちんと整理して(打席に)入る。その結果として、打ちにいく球がこなければ、四球でいいという考えです」

 柔らかいバッティングを売り物にする丸だが、意外なことに体は硬い。とりわけ下半身の関節が硬いため、これまでは低めの変化球に体勢を崩されることが少なくなかった。誘い球には乗らない。これを徹底することで数字がついてくるようになったのである。

■王貞治の通算四球はNPBのアンタッチャブル・レコード

 選球眼といえば、通算868本塁打の王貞治の右に出る者はいない。通算2390四球はNPBのアンタッチャブル・レコードだ。その王が語っていた。「ストライクゾーンの四隅に決まる難しいボールは誰だって打てませんよ。甘いボールを、いかに見逃さずに打つか。バッティングとは、そういうものですよ」

 丸は万能型の打者である。自らチャンスをつくることも広げることもできる。得点機では自らのバットで打者を迎え入れる。今や“赤ヘル打線”の顔である。(成績は9月26日現在)

二宮 清純(にのみや せいじゅん)
スポーツジャーナリスト。(株)スポーツコミュニケーションズ代表取締役。1960年、愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。「スポーツ名勝負物語」「勝者の思考法」「プロ野球“衝撃の昭和史”」「最強の広島カープ論」「広島カープ 最強のベストナイン」など著書多数。スポーツ情報サイト「SPORTS COMMUNICATIONS」:http://www.ninomiyasports.com/

プロ野球、セ・リーグMVPに広島・丸佳浩を推す理由 【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.