日刊大衆TOP 芸能

『アメトーーク!』、FUJIWARA・原西孝幸の「熱すぎるプリキュア愛」が大好評!

『アメトーーク!』、FUJIWARA・原西孝幸の「熱すぎるプリキュア愛」が大好評!

 9月28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ、FUJIWARAの原西孝幸(46)が出演。大好きなアニメ作品について熱弁を奮う原西の姿が、視聴者に大ウケだったようだ。

 この日の番組では、それぞれの芸人たちが“今、伝えたいもの”をプレゼンする企画「ピンポイントアカデミー賞」を放送。トップバッターとして登場した原西は、女の子から大人気のアニメ『プリキュア』シリーズ(テレビ朝日系)を紹介。原西は、これまでさまざまなアニメ作品をピックアップしてきた『アメトーーク!』で、「なんでコレをやらないのかなと10年近く思っていた」と、今回セレクトした理由を語った。

 MCの雨上がり決死隊の宮迫博之(47)から、「アメトーークでプリキュアはおかしいやん」とツッコまれても、原西は「女子は絶対に通る道なんですよ」とコメント。『プリキュア』が、いかに世間の女子から愛されているかを力説した。自身の娘と一緒に見るようになったという原西は、娘が見なくなっても「僕、1人で見てました」と、自分がどっぷりハマったことを告白。そして再放送で最初のシリーズから見直し、原西はそれまでに放送された『プリキュア』シリーズの600話をコンプリート視聴したことも明かした。

 その後も『プリキュア』の変身シーンの魅力について語った原西は、ゲスト審査員の元新体操日本代表選手の畠山愛理さん(23)らを巻き込んで『プリキュア』の決めポーズをとる場面も。さらに「好きすぎて出ました」と、実際にアニメ『スマイルプリキュア』の作中に、自身が“キュアゴリラ”として登場したエピソードも紹介した。

 完全にファン目線で“プリキュアの魅力”を熱弁した原西孝幸のプレゼンは、多くの視聴者の心をつかんだようだ。ネットには「600話見てるとか、ガチの人だ!」「これは1時間みっちり特集組んでほしいレベル」「原西さんのおかげで、私の中のプリキュア熱が再燃中」「キュアゴリラの登場、面白すぎる」「腹筋崩壊しすぎて寝られない!」といった高評価の感想が上がっていた。

「以前から原西は筋金入りのプリキュアファンとして知られていますが、今回の『アメトーーク!』出演は、『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』の公式ツイッターも応援していて、放送中に“原西さん! がんばれーーーー!”といった“実況ツイート”を行っていました。まさに原西とプリキュアスタッフは“相思相愛”の関係、といった感じですね」(テレビ誌ライター)――もしかすると“キュアゴリラ”再出演の可能性もあるかも!?

『アメトーーク!』、FUJIWARA・原西孝幸の「熱すぎるプリキュア愛」が大好評!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.