日刊大衆TOP 娯楽

G1秋華賞でカワリミという予告!「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年10月23日号]

 ローズSには、秋華賞の予告が出ていた。
〈着順〉
2着「カワ」キタエンカ
3着「リ」スグラシュー
4着「ミ」リッサ

 この、「」で囲った部分をご覧になっていただきたい。つなげて読むと、カワリミ(変わり身)である。この3頭は、本番の秋華賞で変わり身があるはずですよという、あれは予告だろう。なかでも、デビュー以来ずっと410キロ台だった馬体が、初めて420キロに達したミリッサは要注意。能力的にも特筆すべきものがあり、前々走、中京の芝1600メートルでマークした1分32秒7はコースレコード。同開催に行われた重賞中京記念の1分33秒2より速いのだ。

■前走4着馬が激走枠の目印!

 また、秋華賞は2年前から、前走4着馬が激走枠の目印になっているのも見逃せない。2015年は、前走4着馬(レッツゴードンキ)の同枠にいた伏兵クイーンズリングが連対。2016年は、前走4着馬(デンコウアンジュ)の同枠にいたヴィブロスが連対。そして、もう1頭の連対馬である伏兵パールコードの同枠にも、前走4着馬(パーシーズベスト)がいた。

 二度あることは三度あるというから、今年も、前走4着馬であるミリッサと、その同枠馬には要警戒の大きなマークをつけておきたい。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

G1秋華賞でカワリミという予告!「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.