日刊大衆TOP 芸能

オリラジ中田敦彦&妻・福田萌、シャレにならない「炎上歴」

オリラジ中田敦彦&妻・福田萌、シャレにならない「炎上歴」

 昨年、『PERFECT HUMAN』で『NHK紅白歌合戦』に出場し、再ブレイクしたオリエンタルラジオの中田敦彦(35)だが、“炎上”が続いたせいか、一時期の勢いを失ってきているように思える。いったい、どんな炎上を起こしてきたのか、振り返ってみよう。

 最近の炎上といえば、夫婦喧嘩の様子を録音することを明かした、9月13日放送の『ビビット』(TBS系)が記憶に新しい。番組で中田は妻でタレントの福田萌(32)と口論になり始めた際に「ちょっと録音始めようか」と、福田からの同意を得たうえで、ケンカの内容を録音するようにしていると発言したのだ。

 中田はその理由について「会話を録音することで冷静になれる」と説明したのだが、ネット上では、「相手への不満を言えないなんて、家族じゃない」「後から録音した音声データを持ち出し、ネチネチ言い合いそうで気持ち悪い」などといった批判的なコメントが相次ぎ、プチ炎上する展開になった。

 また、5月には「地上波テレビはオワコン」発言で炎上した脳科学者の茂木健一郎氏(54)をブログで擁護し、ダウンタウンの松本人志(54)を間接的に批判。所属する吉本興業の上層部から松本へ謝罪するように促されても、それを拒否したうえ、ラジオ番組で「吉本が全社をあげて大騒ぎし、幹部と社長に、今僕は“謝れ”と言われている」と発言するなど、火に油を注ぐかたちになった。

 そして昨年6月1日放送の『ビビット』では、ジョニー・デップ(54)のDV騒動が取り上げられた際に、「若い女性と結婚したあたりから、なんか“ダサいおじさん”になったな」などと、デップを“猛口撃”。ハリウッド俳優に対する上から目線の発言に、ネット上では、「“ダサい”とか俳優に使う言葉じゃない」「何様のつもりなの!?」といったコメントが続出。コメンテーターとしての中田の地位を揺るがしかねない事態となった。

 同じく昨年の5月には、ベッキー(33)のゲス不倫騒動をめぐって、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)とバトルを巻き起こしている。ベッキーが『週刊文春』(文藝春秋)に直筆の手紙を送った行為を「あざとい」と発言した中田に対し、宮迫が「臆測でそんなひどいことをよく言うな。会ったらキレてやろうかなと思っているぐらい」と批判したことが発端だった。

■宮迫博之とのバトル再燃!?

 しかし中田は最後までベッキーを批判する姿勢を変えることがなかったうえ、今年、不倫が報道された宮迫を「もう笑いですまされる時代でもないし、そういうレベルではない」と猛批判。中田はベッキー騒動のときに宮迫との不仲を否定したが、またしても微妙な関係になってしまったかもしれない。

 また、炎上は中田だけでなく妻の福田も起こしている。2015年4月放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、福田は「私たち夫婦は自分の力で学歴をつかみ取ってきたという誇りがあります。親が用意してくれた道を歩んだわけではなくて。努力の証明書として学歴がある」と持論を展開。中田は慶應義塾大学卒業、福田は横浜国立大学卒業と高学歴カップルなだけに、品川庄司の品川祐(45)ら共演者がドン引きした他、視聴者からも反感を買うハメになったのだ。

 相次ぐ炎上で、仕事にも支障が出てきているという中田。最初は狙って炎上を起こしていたといわれていたが、真相はどうなのだろうか?

オリラジ中田敦彦&妻・福田萌、シャレにならない「炎上歴」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.