日刊大衆TOP 娯楽

【G1秋華賞】好位で競馬できるモズカッチャンが抜け出しV「週刊大衆本誌 今週の決断」

[週刊大衆2017年10月23日号]

【G1秋華賞】好位で競馬できるモズカッチャンが抜け出しV「週刊大衆本誌 今週の決断」

 女王・ソウルスターリングが古馬戦線へ向かったことで混戦となっている牝馬三冠最終戦。人気を集めそうなのが、NHKマイルC優勝、夏のクイーンSも完勝したアエロリットと素質馬ファンディーナ、前哨戦のローズSを豪脚一閃、勝利したラビットランあたりだろう。

■オークス2着の実績が花開く

 だが、本誌は前走7着に泣いたモズカッチャンを◎にした。その前走は、好位につける得意のパターンから直線勝負どころで前がつまり、内に行かざるをえなかったロスが響いた。京都内回りの秋華賞は、「前すぎても厳しく、後ろすぎても難しい」舞台。今回、アエロリット、カワキタエンカ、ファンディーナと前目でポジション取りをしたい有力馬が多いだけに、逆に、それらを目標に好位で競馬ができる同馬にとって絶好の展開になりそうだ。オークス2着の実績が、ここで花開くと見る。

■NHKマイルカップVのアエロリットが相手

 相手は、力だけならメンバー中で最上位のアエロリット。ただ、先行馬が多く、自分のペースに持ち込めるかと、初めての2000メートルがどうかというのが鍵だ。

 前走ローズSでは、早いペースで逃げて2着に粘ったカワキタエンカに▲。春の実績馬たちもリスグラシュー、ファンディーナと1回使って変わり身が期待できるだけに押さえておきたい。大穴は3連勝中で、末が切れるという意味では△ラビットランと遜色ないと見ているリカビトスを推奨したい。

【G1秋華賞】好位で競馬できるモズカッチャンが抜け出しV「週刊大衆本誌 今週の決断」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.