日刊大衆TOP 芸能

「絶対に再放送できない」今なら大炎上必至のテレビ番組たち

[週刊大衆2017年10月23日号]

「絶対に再放送できない」今なら大炎上必至のテレビ番組たち

「この時代に、あんな企画を放送するとは……大炎上もやむなしですね」と、芸能記者が呆れるのは、9月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)30周年記念番組のこと。往年の名企画を復活させるという趣旨で登場した、石橋貴明扮するキャラ“保毛尾田保毛男”に侮蔑的と非難が殺到。社長が謝罪し、一部スポンサーが降板する騒ぎとなった。「“昔は問題なかったから今もやっていい”という安易さと、人権意識が向上した時代への鈍感さが招いた結果ですね」(前同)

 これを受け、ある制作会社では〈絶対に再放送や映像を使用してはいけない過去番組〉のリストを作成、スタッフに配ったという。「最近は視聴者の高齢化もあって、“懐かしの番組”的な企画が流行っていますからね。安易に“地雷”を踏まないための措置です」(制作会社スタッフ)

■ビートたけし関連の番組はやりたい放題

 では、どんな番組が?「炎上した『みなさんの~』にも出ていたビートたけし関連は、挙げればキリがないですね。『天才・たけしの元気が出るテレビ』(日本テレビ系)では“お笑い芸人に東大生の血を輸血したらIQが上がるか!?”という、当時でもギリギリの企画を放送。『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日テレ系)では、故・ポール牧が、楽屋にホンジャマカの石塚英彦を呼んで“アタシ、実はコッチなの”と迫るドッキリなど、やりたい放題。今後、放送するのは絶対に無理でしょうね」(テレビ誌記者)

 一世を風靡した『進め!電波少年』(日テレ系)も、過激企画のオンパレード。松村邦洋が渋谷のチーマーにいきなり注意し、逆にボコボコにされる映像などを平然と放送していた。

■NHK紅白歌合戦でもDJ OZMAが“永久出禁”

 こうした度を越した悪ノリは“みなさまのNHK”にはないかと思いきや、「NHK紅白歌合戦で全裸に見える全身タイツをダンサーに着せて歌って、視聴者からの抗議が殺到。“永久出禁”になったDJ OZMAの映像は、同局では取扱厳禁になっています」(前出のテレビ誌記者)

 “テレビ冬の時代”と言われる昨今。テレビマンの皆様には、過去の遺産に頼ることなく、新たな人気企画を生み出してほしい。

「絶対に再放送できない」今なら大炎上必至のテレビ番組たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.