日刊大衆TOP 娯楽

【G1菊花賞】メンバー随一の長距離適性マイネルヴンシュ「週刊大衆本誌 今週の決断」

[週刊大衆2017年10月30日号]

【G1菊花賞】メンバー随一の長距離適性マイネルヴンシュ「週刊大衆本誌 今週の決断」

 ノーザンファームで育成された3歳馬は、夏を越えるとグンと成長する。菊花賞の前哨戦であるセントライト記念では1~3着を独占し、神戸新聞杯でも1、3着。4、5着もノーザンF育成馬だった。

■エリート軍団を意識して厳しい展開に

 だが今回は、そんなエリート軍団に逆らってみたい。展開を予想すると、はっきりとした逃げ馬は、ウインガナドルとサンデームーティエ。後者は抽選対象で出走がかなわなかったので逃げは前者になる。そうなると、ウインはスローにせず、しっかりしたラップを踏むことになる。ノーザン勢は、スローの瞬発力勝負に強いからだ。

■豊富なスタミナを武器に強気な競馬で!

 その厳しい流れで浮上するのは、ウインと同じグループである◎マイネルヴンシュ。前走の九十九里特別では、3コーナーから騎手の手が動き、そこからずっと押し通しで2500メートル戦を勝ってみせた。一瞬の脚はないが、長距離適性ならメンバー中ナンバーワンだろう。スタミナを温存したい有力馬を尻目に、勝手知ったる柴田大知が3角先頭くらいの強気な競馬でセーフティリードを作れば、なかなか、その差は縮まらない。アッと言わせる可能性は十分秘めている。

 相手は、超高速馬場だったセントライト組より神戸新聞杯組が中心で、対抗はキセキ。3着アルアインと4着ダンビュライトは距離が長そうだ。◎から馬連・馬単で流して高配当をゲットしたい。

【G1菊花賞】メンバー随一の長距離適性マイネルヴンシュ「週刊大衆本誌 今週の決断」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.