日刊大衆TOP 芸能

高嶋ちさ子の暴言連発に批判相次ぐ「ひどすぎる」

高嶋ちさ子の暴言連発に批判相次ぐ「ひどすぎる」

 10月18日放送のバラエティ番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、バイオリニストの高嶋ちさ子(49)が出演。暴言を連発する姿を披露し、視聴者をドン引きさせたようだ。

 この日の放送では、高嶋がプロデュースするユニット「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」に密着。コンサートの最終リハーサルの様子が紹介された。ステージに現れた高嶋は、メンバーを見て「今日、ツッコミがいのある服を着てる人いっぱいいるな~」といきなりの辛口コメント。「この人、ステッカー貼ったような服着てる。トランクかと思った」「あのレースすごいよ~」とメンバーのファッションを次々とイジった。

 さらに演奏が始まると、顔をしかめて不快感をあらわにする高嶋。一部のメンバーに対して「音が小さい」と不満を漏らし、「幽霊っぽいね。弾いてる人のせいかな」と痛烈なダメ出し。その後も「緊張感が足りないんだよな」「遅いんだよ! 何度もやらせんなよ、ボケ!」など、怒りの言葉を連発した。

 そんな自分のVTRを見た高嶋は、「めちゃくちゃ反省しました」とコメントし、しおらしい態度を見せていた。しかし、視聴者は高嶋のふるまいに恐怖を感じたようだ。ネットには「怖すぎ。厳しさとパワハラは別ものでしょ」「こんな人が職場にいたら厄介すぎる」「絶対に関わりたくないタイプだな」「音楽の世界ってこんな暴言が当たり前なの? 言葉遣いがひどすぎる」と、批判的な反応が多く上がっていた。

「高嶋ちさ子の暴言は、家族からも心配されているようです。高嶋は自身のブログで、豊田真由子氏(43)の暴言騒動と思われるニュースについて言及し、母親から“次はあなたよ”“マネージャーの松田君が録音してないか確かめてからどなるように”と忠告されたことを明かしています」(芸能誌ライター)――本人の反省が本物であることを願う。

高嶋ちさ子の暴言連発に批判相次ぐ「ひどすぎる」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.