日刊大衆TOP 芸能

運命の10.26プロ野球「清宮ドラフト」を3賢人がズバリ!(週刊大衆11月6日号)

[週刊大衆2017年11月6日号]

運命の10.26プロ野球「清宮ドラフト」を3賢人がズバリ!(週刊大衆11月6日号)

 選りすぐりの若武者たちの中で、一際輝く超新星。この男を中心にオフと来年の球界は回る―その、宿命のくじを引くのははたして⁉

 日本シリーズの足音が聞こえてくる一方、移籍や戦力外通告といった話題も出て、はやストーブリーグの気配が漂い始める季節。

 そんな晩秋をもう一度熱くするのが、ドラフト会議だ。今年は10月26日に予定され、プロ志望届を出した高校生(106名)・大学生(105名)・社会人の有力選手が指名を待つ。

 とはいえ、話題の大半は、本塁打111本の高校記録を持つ怪物スラッガー・清宮幸太郎(18=早稲田実業)に集中。事実上の〝清宮ドラフト〞だ。

 今回は、彼の動向を軸に、本誌連載も好評なID野球の申し子・伊勢孝夫氏、V9巨人の元エースで引退後はロッテ、巨人のスカウトとして、あの落合博満を発掘した城之内邦雄氏、スポーツライターながら選手のボールを実際に受けに行って評価を下す「流しのブルペンキャッチャー」としてアマチュア球界では知らぬ者のない安倍昌彦氏の〝3賢人〞に話を聞き、今年のドラフトの行方を占った―。

 この記事の続きは10月23日発売の週刊大衆11月6日号にてご確認ください!

https://youtu.be/dOB52KNyslM

運命の10.26プロ野球「清宮ドラフト」を3賢人がズバリ!(週刊大衆11月6日号)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.