日刊大衆TOP 芸能

よゐこ濱口優、めちゃイケ降板の「三ちゃん」批判に賛否

よゐこ濱口優、めちゃイケ降板の「三ちゃん」批判に賛否

 10月20日に配信された『芸能義塾大学』(AbemaTV)に、よゐこの濱口優(45)が出演。昨年2月に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)を降板した三中元克(27)に苦言を呈し、視聴者から賛否の意見が上がっているようだ。

 この番組は、先輩芸能人が講師となり、若手タレントたちに芸能界を生き抜く術を教えるという内容。今回講師として登場した濱口は、過酷なロケに関する教訓を語った。

 番組の中で、濱口は「過酷なロケをやり遂げると評価も仕事も増えていく」「過酷そうだからといって逃げるな!」と力説。さらに「逃げるとえらいことになりますよ!」と語り、その一例として三中の『めちゃイケ』卒業について言及した。

 かつて『めちゃイケ』の素人レギュラーとして出演し、“三ちゃん”と親しまれていた三中。しかし、プロレスラーを目指すという番組企画で何度も逃亡。その後、お笑い芸人になることを決意して番組でネタを披露したが、視聴者の人気投票の結果、番組を去ることになった。

 濱口はそんな三中を振り返りながら、「今、誰も触れません」「視聴者からすっかり忘れられた」と発言。過酷なプロレス企画から何度も逃げ出したため、芸能界では生き残れなかったと分析した。

 そんな濱口が語った教訓に、視聴者からは「過酷なロケを頑張ってきた濱口だからこそ言えること」と、称賛のコメントが多数寄せられた。しかしその一方、「ずぶの素人にプロレスやらせようってのが、そもそも無理があった」「見てて、三中が相当追い込まれてたのが分かった。あれは逃げ出して当然」「プロレスは受け身とかちゃんとやんないと後遺症残るレベル。“過酷なロケ”でくくったらダメでしょ」と、三中を否定したことに批判的な意見もあった。

「番組内で濱口は、三中以外にも、実名こそ出さなかったものの“黄金伝説で逃げたアイドル”について言及しました。これは元AKB48の河西智美(25)のことで、彼女は2012年放送の『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)で“1か月1万円生活”の節約バトルに挑戦。しかし5日目に荷物を取りに行ったまま行方をくらまし、そのままリタイアしてしまったんです。その過程はまるまるオンエアされ、当時視聴者に衝撃を与えました」(芸能誌ライター)――濱口優の言葉が重い!?

よゐこ濱口優、めちゃイケ降板の「三ちゃん」批判に賛否

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.