日刊大衆TOP 芸能

柳いろは「“母性フェロモン”が止められないんです!」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年11月06日号]

柳いろは「“母性フェロモン”が止められないんです!」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 グラドル、タレント、女優としてマルチに活動する柳いろはさん。「芸能界イチの人たらし」の異名を持つ彼女の魅力の源泉を探ると、なんと“フェロモン”にあるのだという! 本当か?

■初のトレーディングカードが大人気!

――まず、9月2日に発売されたトレカ(トレーディングカード)が大人気だそうですね!

柳 いやいや、おかげさまです。

――これは意外にも“初トレカ”なんですね。

柳 そうなんですよ!

――撮影はどうでした?

柳 楽しかったですけど、トレカはいろいろな衣装を着て撮影するので忙しかったです。水着だけでも何種類もあるし、OLさんをイメージした衣装なんかもありました。

――その中でも柳さんのお気に入りは?

柳 そうですねー。ボディラインがしっかり出るコンサバ系の服ですかね。服が体にピタッと張りつくような。骨盤が大きくて良く似合うと言ってもらえるので、それをぜひ見てほしいですね!

■ファンは40~50代が多い

――柳さんのファンは、どの年代が多いんですか?

柳 40~50代ぐらいのダンディな方が多いですね。

――オジサンにすれば、かわいがってあげたいタイプなんでしょうね。

柳 う~ん……いや、どっちかというと、私は“母性本能”が強いんで、年上の男性も私に甘えたくなるんだと思います(笑)。

――そうなんだ!?

柳 はい。私って“母性”がフェロモンで体からプンプン出ちゃっているんです。それで、年上の方も私に甘えたくなるんです。

――なるほど。だからオジサンもメロメロなんですね。

柳 自然と“母性フェロモン”があふれちゃうんで、男性は私に弱いところを見せることができるんですね。

――ファンの人も?

柳 はい。ファンの人が、私に甘えてくれるんです。それがまた私にはうれしいんですよ~。

――甘えられると、さらに母性フェロモンが?

柳 そう。私の体から母性があふれちゃう、勝手に。母性フェロモンは止められないんです!

――ゾクゾクする言い方!

柳 アハハ。ゾクゾクしました?

――はい。ちなみに、すごい年上の男性が甘えてきても、母性はあふれちゃう?

柳 どれぐらい年上?

――50歳ぐらいかな。

柳 むしろ、それぐらい年の離れた男性に甘えられたほうが母性があふれちゃう。

●理想の結婚相手は!?

――じゃあ、つきあうとしたら男性は年上がいい?

柳 今までおつきあいした方は全員年上なので、そうかもしれないですね。もしかしたら、いろはがデレデレしちゃうかも!?

――え、柳さんが?

柳 甘えたい願望もすごいあるんですよ。私は自由奔放なところがあるので、それを包み込んでくれるような人が理想の結婚相手なんです。むしろ、私をリードしてほしいかも。

――その場合、母性は?

柳 大丈夫です! 母性は勝手にあふれちゃうから。

――最高です。男にすれば時には甘えん坊になってくれて、時には甘えさせてくれる女性なんて。

柳 でしょ~(笑)? きっと両面持っているんです。甘えさせてあげる部分と甘えたい部分と。それに、好きな男性には何でもしてあげたくなるんですよね。

■妹で人気女優の柳ゆり菜が一人暮らしを…

――母性が発揮されるのは、誰に対しても?

柳 いえ、男性に対してだけです。女の子の友達や妹といるときは、逆に私は甘えてばっかりですね。

――柳さんの妹さんといえば、人気女優の柳ゆり菜さん。ずっと一緒に暮らしていると聞いていますが。

柳 それが、今は別々に住んでいるんです。妹が、一人暮らしを経験したいみたいなことを言い出して。

――あらら。お姉ちゃん、寂しいですね。

柳 はい……妹は私にとってヒーローなんです。救世主というか、今まで私がピンチのときに支えてくれたというか。いつも陰ながらプッシュしてくれるんです。

――妹さんもまた母性があふれちゃっているのかなぁ。

柳 妹も母性というか……妹のくせに“お姉ちゃんは私が守る!”と変な使命感を持っているんですよね。

●姉妹で恋愛の相談も

――離れ離れになってお互い寂しいでしょ?

柳 といっても、歩いてすぐの距離にお互い住んでいるので。この前も妹はパジャマのまま、缶酎ハイを持って遊びに来ていました。

――そうなんですね(笑)。ちなみに、姉妹ではどんな会話をするんですか?

柳 けっこう、突っ込んだ話をしていますよ。

――恋愛の相談とかも?

柳 めっちゃします!

――へえ~、どんな内容なのか聞きたいなぁ。

柳 それは内緒ですよ~。

■男性が落ち込んでいたら、おいしい料理を作ってあげたい

――残念。じゃあ、どういう男性の姿を見ると、柳さんの母性が発動するの?

柳 たとえば、男性が仕事で失敗して落ち込んでいる姿なんかを見ると、キューンときちゃう。で、私は料理が得意なので、さりげなくおいしいご飯を作ってあげたいな~って。

――イイ女だなぁ~。

柳 あと、一緒に遊んでくれる人が好き!

――遊園地とかで一緒にハシャぐとか?

柳 はい! 同じノリで遊んでくれないと、けっこう、すねますね。

――すねるとどうなるの?

柳 テンションが下がります……。

――そういうときは、どうすれば機嫌が直る?

柳 頭ナデナデされたら、すぐに直ります(笑)。やっぱり弱いんですよ、女性は頭ナデナデに。

――壁ドンは?

柳 あれはビックリする。心臓に悪いです。

■カレンダーは“大人いろは”や“おさげ”が楽しめる

――アハハ、面白いなぁ。そういえば、来年用のカレンダーが出るんですよね。

柳 はい! カレンダーは“大人いろは”が楽しめる内容になっています。お風呂場でストロボをたいて撮った写真なんか、すごくセクシーだと思います。私はキャミソールを着ているんですが、これも大人っぽくて(笑)。

――楽しみだ。

柳 その一方で、カレンダーでは初の“おさげ”にも挑戦したんです。これは、好きな人は好きそう(笑)。

――カレンダーはポスターとしても使えますよね。

柳 はい! その月が終わったら、ポスターとして、天井に貼ってください。トイレの壁にも貼ってください。玄関のドアにも貼って、毎朝、“行ってきます”と言ってください。

■小学生の頃は人見知りで引っ込み思案

――アハハ。柳さんは子どもの頃から、そんなに天真爛漫な感じだったの?

柳 いやいやっ、小学生の頃はすごく人見知りで、引っ込み思案でしたよ。今では考えられないぐらい……今はもうちょっとおしとやかにしたほうがいいですよね?

――いえ、そのままでいいと思います。引っ込み思案な性格が変わったキッカケは何かあったの?

●性格を変えようとダンスを習うようになったら…

柳 お母さんが、そんな私の性格を180度変えようとして、ダンスを習わせてくれたんです。そしたら、すごく楽しくて。私も“もっと前に出たい。センターに立ちたい”という気持ちが生まれてきたんですね。

――目覚めたんだ?

柳 目覚めちゃいましたね。それまでは、自分を出すことが怖かったんですね。でも、私が怖がらずに自分を出したら、周りも心を開いてくれるということに気づいて。それからは、こっちから積極的に自分を開放するようになりました。

――いい話です。

柳 それからはイタズラ好きにもなりました。

――どんなイタズラ?

柳 小学生の頃、私はお父さんが仕事に行く前、いつも玄関まで鞄を持って、“いってらっしゃい”のチューをしていたんです。

――いいなぁ。

柳 でも、あるとき何かが原因でイラッとして、出かける前に、お父さんの背中に“この人はアホです”と書いた紙を貼ったんです。

――ええ? そのまま出勤しちゃったの?

柳 そうなんです。お父さんは電車の中で、女の人に“背中についていますよ”と言われたそうです(笑)。紙に書かれた字を見て、私だとすぐに分かったみたい。

――さすがに怒られた?

柳 帰ってきて、大笑いしていました。

――良かったね。

柳 もちろん、許してくれる人にしか、イタズラはしないようにしてます(笑)。

■焼酎、ワイン、ビール…かなりのお酒好き

――柳さんといたら、本当に楽しそう。お酒もかなり飲むんですよね?

柳 はい。一人でも飲んでいます。焼酎にワインにビールに……。

――酔うとすごそう。

柳 はい。呂律が回らなくなって、記憶も曖昧になっています。

■自立した“大人な女性”に近づけるように頑張りたい

――それでは最後に、今後の抱負を教えてください。

柳 今年で27歳になるんで、ちょっとずつ自立した“大人な女性”に近づけるように頑張りたいですね。グラビアももっと色気を増したものにしていきたいです。年齢とともにフェロモンも増してきたんで(笑)。

――母性から?

柳 はい。母性からフル・オブ・フェロモンで頑張りたいと思います!

 芸能界で「天性の人たらし」と呼ばれる柳いろはちゃん。取材班もその魅力の虜になりました!

柳いろは(やなぎ・いろは)
1990年12月4日、大阪府生まれ。高校3年生のときにスカウトされたことがきっかけで、2014年4月に芸能界デビュー。モデル、グラビアアイドルとして人気を博すと、バラエティ番組にも出演するなど活躍の幅を広げている。ブログ『いろはにぶろぐ』(https://ameblo.jp/8aminel8/)も要チェック!

●ポラロイドプレゼント●
柳いろはさんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

柳いろは「“母性フェロモン”が止められないんです!」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.