日刊大衆TOP 芸能

アンジャッシュ児嶋一哉「めんどくさ!」渡部建と料理をめぐって絶縁状態!?

アンジャッシュ児嶋一哉「めんどくさ!」渡部建と料理をめぐって絶縁状態!?

 10月24日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、アンジャッシュの児嶋一哉(45)が出演。MCの明石家さんま(62)らに、相方の渡部建(45)と一緒に食事に行かなくなった驚愕の理由を明かした。

 今回の放送は、“グルメ芸能人VSノットグルメ芸能人”と題して、食にこだわりを持った芸能人と“偏食”“バカ舌”“味オンチ”な芸能人が激突するというもので、児嶋は“味オンチ”としてノットグルメ側に座った。

 番組後半のトークテーマは“食事をしていてイラッとした瞬間”で、児嶋はイラッとした相手が渡部だと明かし、「昔はよくロケで地方泊まりに行って、一緒にごはん行ったりしたんですけど、今は一切、行かなくなって」と、その理由を語り始めた。

 以前、マネージャーと3人で地方のおいしいものを食べに行ったとき、児嶋は普通に食事を楽しんでいた。すると、渡部が「おまえ、なんだそのリアクション。こんなうまいもの食ってるのに、なんで普通の感じで食べてんだ。ふだん、こんなの食べられないんだからな」と急に怒り出したそうで、児嶋は「(渡部が)“リアクションが悪い”みたいなこと言ってきて、“なんだよ”って思ってたんですよ」と振り返った。

 さらに、それから数か月後、再び泊まりの地方ロケがあったときに「また3人でごはん食べて。“そうだ、またリアクションしなきゃうるせぇな”と思って、“これうまいね、肉の脂とかすごいね”とか言ったら、アイツが“おまえに何が分かるんだよ!”って」と、またもや怒られたというのだ。これに児嶋は「いやいやいや、どっち!? リアクションしなくても怒られ、リアクションしても怒られ」とイラッとしたそうで、それ以降、渡部と食事に行かなくなったと明かした。

 これを受けて“グルメ芸能人”側のゲストたちは「聞いてほしかったんじゃない? 渡部くんは」「“このおいしさはなんなの?”って。自分の知識を与えたかったんじゃ?」と指摘。児嶋は「めんどくさ!」「聞くのが正解なの?」と反発していたが、「おいしい」と言うのだけではなく、いったん質問をして説明してもらい、最後に大きなリアクションをしてみせるのがいいと具体的なアドバイスを受けると、「聞くんですね、1回ね」と納得した表情を見せた。

「児嶋はレタスとキャベツの味の区別ができない味オンチとして有名です。不仲を公言しているアンジャッシュの二人ですが、食事に関しては、本当に合わないんでしょうね」(芸能誌記者)――渡部建と結婚した佐々木希(29)の手料理も食べさせてもらえない!?

アンジャッシュ児嶋一哉「めんどくさ!」渡部建と料理をめぐって絶縁状態!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.