日刊大衆TOP 芸能

橋本マナミ「できれば子どもを3人、産みたいんです」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年11月13日号]

橋本マナミ「できれば子どもを3人、産みたいんです」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 “国民の愛人”のキャッチフレーズでおなじみの橋本マナミさんが、映画で不倫妻役を熱演! 気になる見どころからプライベートまで、仰天告白トークは必読!

■映画『光』で不倫妻を熱演

――11月25日公開の映画『光』、楽しみですね! 津波災害から奇跡的に生き残った3人の男女の、その後の過酷な運命を描いたドラマですが、橋本さんは生き残った1人、信之の妻・南海子(なみこ)を熱演されましたね。

橋本 南海子は人目をすごく気にする女性。たぶん、自分にコンプレックスがあるからで、そのマイナスを隠すために、娘をいい幼稚園に通わせたり、いい稼ぎの旦那さんと結婚したりしています。登場人物たちの中では一番普通の人ですね。

――彼女と重なる部分は?

橋本 もともとの私は、あんまり他人に意見を言えなかったりとか、暗い部分がけっこうあるんですよ。一人が好きで、感情表現が苦手だった……というところは南海子と重なって。だから悩むことなく役に入れましたね。

――南海子は夫・信之の幼なじみである輔(たすく)と男女の関係を持ってしまいますよね。“不倫妻”を演じてみていかがでした?

橋本 旦那は自分のことをかまってくれないし、気持ちも読めなくて、すごく淋しい。どこかに自分の居場所を探そうとする気持ちは、すごく共感できましたね。

■瑛太とのシーンは自然な流れで…

――輔役の瑛太さんとのベッドシーンは、“こんなに見せちゃう!?”と驚きました。緊張はしました?

橋本 現場の雰囲気もでき上がっていて、大森立嗣監督への信頼もすごくあったので、あまり緊張せず、楽に入り込むことができました。

――したたる汗が、これまた色っぽい!

橋本 アレはホンモノですよ。撮影が昨年の8月で。クーラーもない、すごく狭い部屋に、大勢のスタッフがいて、照明もあったので、もう暑くて。自然と、出ちゃいましたね。

――本番前には、打ち合わせがあったんですか?

橋本 それがまったくなくて、いきなり本番です。カメラの動きだけ聞いて、あとはフリー。キスするタイミングも自分たちの自然な流れで、という感じでした。

――映画の完成版はご覧になりました?

橋本 はい、この間、試写を見せてもらって。

――恥ずかしさとかってあります?

橋本 自分自身のことだから恥ずかしさや照れはあまりなかったんですけど、親だったらたぶん目を隠しちゃうんじゃないかなって思いましたね(笑)。両親が今度、舞台挨拶を見に行きたいって言っているんですけど、“お父さんは終わってから来たほうが……。本編は見られるか分かんないよ”って伝えてます(笑)。

■結婚して「ママになりたい」

――映画では子持ちの人妻役でしたが、先日行われたイベントで「ママになりたい」って発言されていましたよね。何か心境の変化があったんですか。

橋本 以前は結婚願望がまったくなかったんですけど、ここ2年くらいのうちに、いきなり芽生えましたね。やっぱり遺伝子を残したいっていうんですかね。

――何かきっかけがあったんですか?

橋本 この歳になると友人とかみんな子どもがいるんですよね。公園に行って、遊んでいる家族を見ると「はぁ~、なんて、私、淋しいんだろう。羨ましいな」って(ため息)。以前は思わなかったのにね。

――子どもを授かるとしたら、男の子? 女の子?

橋本 できれば3人産みたいんです。時間がないんですけど(笑)。男の子2人に女の子1人が理想ですね。

■理想の恋愛、デートは!?

――まずは恋愛ですが、理想のデートってあります?

橋本 きれいな夜景が見える所もいいんですけど、やっぱり普通がいいですね。この年になるとワクワクする恋愛って縁遠くなるじゃないですか。仕事があったりとか、自分自身が確立しちゃっているから。だから、手をつないで公園を散歩しているだけでいいって思える相手と出会いた~い!

――力が入ってますね。

橋本 「どこか行きたい」とかじゃなくて、もう居るだけでいいみたいな。それが一番幸せだと思うんですよね。最近、ときめかなくなってきてるので(笑)。

――まずは、ときめく人に出会うことからですね!

橋本 今まで婚活する時間がなかったんですけど、その時間も作っていこうと思ってるんです。子どもが欲しいので。相手はちゃんとした人なら、後はどうでもいいんです。昨今不倫も多いし、結婚にあんまり、希望は持てないんですけど。

■生活スタイルは変えたくないけど…

――生活スタイルも変わりますしね。

橋本 そういう意味では結婚はしたくないんですよね。いま一番心地良い生活スタイルができ上がっていて、そこに他人が入ってきて崩されると、イラっとしちゃうなって思うんです。

――それじゃあ、誰かと同居するのは大変そうですね。

橋本 そういった意味では、週末婚みたいなスタイルがいいのかもしれませんよね。男に“俺に合わせろ”って言われたら「お前が合わせろ」って言っちゃいそう(笑)。

――アハハハハ(笑)。

橋本 やっぱり、強くなっちゃっているから、それが悩みなんです(笑)。

■エゴサーチしたらツイッターでひどいことを…

――最後に伺いますが、今年はデビュー20年。振り返ってみていかがですか?

橋本 仕事がないときにすごくイヤなことを言われたりして、辞めようかなって思ったこともあったんですけど、それも全部、プラスになったというか。私、けっこうドMなところがあるので。

――ドM!?

橋本 ダメであれば、それをプラスにしたいと思えるんです。幸せすぎるとかえって怠けて、ダメ人間になると思うので。苦労した時期が長くて良かったなって、今は思います。この間も、あるバラエティ番組に出させてもらった後に、エゴサーチをしちゃって……。

――エゴサーチって、ネットで自分の名前を検索することですね。

橋本 そうしたらツイッターで、視聴者の方に、「たいしたコメントも言ってないのにギャラ泥棒」みたいなことを書かれていて。

――ちょっと、ひどいじゃないですか!

橋本 でも、それを見て落ち込んで、また頑張ろうって思えるからいいんです。ドMだから吸収しちゃうんだと思います(笑)。

 白のブラウス姿が艶やかだった橋本さん。映画の公開が待ち遠しい!

橋本マナミ(はしもと・まなみ)
1984年8月8日、山形県生まれ。AB型。T168-B86(G)W62H88。1997年デビュー。以降、グラドルとして絶大な人気を誇る。近年では女優として多くの映画、ドラマに出演を果たす。また、情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)では金曜レギュラーを務める。最新写真集『#びちょびちょ』(講談社)が発売中。また、山形大学医学部の「健康大使」に任命された。

●ポラロイドプレゼント●
橋本マナミさんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

橋本マナミ「できれば子どもを3人、産みたいんです」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.