日刊大衆TOP 娯楽

第2次世界大戦でのエリザベス女王の口癖「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年11月20日号]

 エリザベス女王には、戦時中の有名な逸話がある。第2次世界大戦の真っ只中だった1940年、ロンドンはドイツ大編隊機の猛爆を受けていたのだが、当時14歳のエリザベスはアメリカへの疎開を拒否。「私は国民とともに闘う」とバッキンガム宮殿に居残り、親族や知己と顔を合わすと、相言葉のように「トゥザビクトリー」(=勝利に向かって)と、口にしたという。そして実際、イギリスは最後にはドイツに勝利するのである。

■G1エリザベス女王杯にトゥザヴィクトリーが出走

 そのエリザベス女王の名を頂戴したエリザベス女王杯に、2000年、エリザベス女王が自らを奮い立たせた魔法の言葉、「トゥザヴィクトリー」を名乗る馬が出走してきた。父サンデーサイレンス、母フェアリードールという血統の鹿毛馬、トゥザヴィクトリーである。重賞連勝中で人気になったが、結果は4着。しかし翌年、見事な末脚でエリザベス女王杯を勝ってみせる。1着から4着までが同タイムという、激しい競り合いを不屈の闘志で制したのだ。

●娘のトーセンビクトリーは京都競馬場で脈あり

 そのトゥザヴィクトリーの娘が、今年のエリザベス女王杯には出走してくる。父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリーという血統の鹿毛馬、トーセンビクトリーである。初のエリザベス女王杯挑戦。京都芝良は、使い出し3戦目以内なら1、1着。ここは脈ありだ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

第2次世界大戦でのエリザベス女王の口癖「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.