日刊大衆TOP 芸能

蒼井優、“あいさつで合掌”してくる俳優に不快感!?「反応に困る」

蒼井優、“あいさつで合掌”してくる俳優に不快感!?「反応に困る」

 11月6日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABC)に、女優の蒼井優(32)が出演。たこ焼きを食べるときのこだわりを語り、MCのナインティナインの岡村隆史(47)となるみ(45)を喜ばせる場面が見られた。

 今回の放送は、スペシャルゲストとして、公開中の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で共演している、蒼井と俳優の阿部サダヲ(47)が登場。蒼井が中学生の頃、岡村がMCを務めていたオーディション番組『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)の観覧に行ったことがあると告白した。

 さらに岡村のことを知ろうと、収録の前日に放送していた岡村の深夜ラジオ番組を聞いたところ「ほとんど、聞いていいのか分からない……」、下品な話題ばかりで困惑したとコメント。これを聞いた岡村は、「ラジオは飾らないで、自分の好きなことを言うので、ほんと、申し訳ないです」と謝罪していた。

 続いて、大阪人100人に独自の世論調査をし、ベタすぎる答えを導き出す“大阪べ~たバンク”コーナーの「大阪に来たら味わってほしいグルメは?」というアンケートで“たこ焼き”が1位になると、たこ焼きの話題に。蒼井は大阪をプロモーションで訪れるときに、たこ焼きをごちそうになることが多いのだが、最近はだしで食べるたこ焼きが多いようで、「大阪に来たら、ソースで食べたいっ」と、たこ焼きはソース派であると力説した。

 さらに、蒼井は「おじいちゃん、おばあちゃんの家が大阪で、夏休み、冬休み大阪で過ごしていた」ため、大阪の味になじみがあると話し、なるみが「(たこ焼きに)マヨネーズと青ノリは?」と問うと、うれしそうに「たっぷりかけたい!」と回答。これを聞いた岡村が「(視聴者が)“ええ子やわ~っ”てなってるわ」と、番組を見ている大阪人の好感度がアップしているはずだと大絶賛した。

 また「初対面で“この人、不快やな”と感じる行動は?」というアンケートでは、1位が“タメ口”だったのだが、蒼井は不快な行動ではないが、気になるとしたうえで、共演する俳優で、たまに初めましてのあいさつをして最後に合掌する人がいるとコメントし、両手のひらを合わせて拝んでみせた。岡村が「すげえ分かる!」と激しく同意すると、蒼井はガッツポーズで喜び、「やり返したら、絶対、バカにしてる感じになるし、困りますよね」と語っていた。

「たこ焼きをだしで食べるのは神戸風、ソースをかけるのは大阪風で、それぞれ食べ方にはこだわりを持っています。もともと大阪の人は神戸に対抗意識を持っているので、蒼井さんがソース派を宣言したとなると、大阪での好感度アップなのは間違いないですよ」(グルメライター)――大阪の仕事が増えそう!?

蒼井優、“あいさつで合掌”してくる俳優に不快感!?「反応に困る」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.