日刊大衆TOP 芸能

ブルゾンちえみ、嵐への愛情を「過去形」で告白

ブルゾンちえみ、嵐への愛情を「過去形」で告白

 11月9日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、お笑いタレントのブルゾンちえみ(27)が出演。かつて嵐の「ファンだった」と過去形で語り、嵐メンバーをガックリさせる場面があった。

 ブルゾンは、withBを従えてプラスワンゲストとして出演。司会者から嵐にハマっていた時期があったという話を振られると、「そうですねえ」とクールに返答。櫻井翔(35)から「そんな堂々と“過去形”言う?」とツッコミを受けた。

 その後ブルゾンは、「5年前ぐらいに本当にハマって、ファンクラブとかも入ってたんですよ」と熱烈な嵐ファンだった時期があったことを告白。スタジオが驚く中、ブルゾンはさらに「きっかけは『GANTZ』です」と、2011年公開の映画『GANTZ』がきっかけで、二宮和也(34)を好きになったと打ち明けた。

 それを聞いて得意げな表情を浮かべた二宮だったが、ブルゾンはいつのまにか二宮への熱が冷めてしまったと説明。ブレイク後に二宮と共演する機会があり、「ドキドキするかなって」と構えていたというブルゾンだったが、「実際会ったとき、なんとも思わない感情で……」とコメント。

 目を見開いてショックを受ける二宮に対し、ブルゾンは「なんて言うんですかね、元カレをスッキリ忘れられたときのような爽快感がありましたね」と追い討ち。そして「落ち込まないで、本当に好きだったんです」とフォローしたが、二宮からは「落ち込んでねえよ!」とツッコミを受けていた。

 二宮から「今は誰が好きなの?」と質問されたブルゾンは、「今は松潤」と返答。松本潤(34)を喜ばせたが、「“強いて言うなら”という話です」とピシャリと言い放ち、スタジオの爆笑をさらっていた。

「ブルゾンちえみは、今年1月1日放送の『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ系)に、withBを従えて出演して以来、またたく間にブレイク。毎年恒例の『流行語大賞』にも“35億”がノミネートされましたし、CMやドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)へも出演し、お笑い以外での活動も目立っています。彼女の“イイ女キャラ”は、まだまだ人気を集めそうですね」(お笑いライター)――現在、絶好調のブルゾンちえみ。トップアイドルの嵐に対しても“上から目線”なところはさすが!

ブルゾンちえみ、嵐への愛情を「過去形」で告白

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.