日刊大衆TOP 芸能

加藤綾子“熱愛否定”に高等テク!? 人気女子アナ「最新恋愛事情」

[週刊大衆2017年11月27日号]

加藤綾子“熱愛否定”に高等テク!? 人気女子アナ「最新恋愛事情」

 作物が収穫の時期を迎える実りの秋。食べ頃美女たちの事件も揃い踏み。とれたてを召し上がれ!

■明石家さんまが加藤綾子にプロポーズ!?

 この秋も、テレビ各局美女アナのニュースは大豊作。最初は、9月に明石家さんまとニューヨーク密会が報じられたカトパンこと加藤綾子(32)の話から。フジの局アナ時代から『ホンマでっか!?TV』で、さんまと共演して8年。彼の覚えがめでたいことで知られる彼女だが、「実は、今年7月のさんまの誕生パーティで、さんまが彼女にプロポーズしたという噂があるんです。そうこうするうち今度はニューヨークでの密会報道ですからね。芸能マスコミがひょっとしたらひょっとする? と思ってしまうのも無理ないですよ」(夕刊紙記者)

●ニューヨーク・ヤンキース田中将大と食事の予定だったが…

 だが、実はこの“NY密会”、決して密会ではなかったようなのだ。「さんまさんは年末年始と9月に親しい仕事仲間と海外に行くのが常。このときはNYヤンキースの田中将大と食事をする予定だったんですが、カトパンがフジ時代の同期・椿原慶子アナ(32)とニューヨークに旅行中と知って、急遽、さんまさんと同行していたフジの幹部が彼女たちを呼び出したそうです」(放送作家)

 カトパンも「スタッフの方を交えて食事をしただけ」と密会説を否定している。彼女は11月7日に行われたイベントでも、この件に触れて、「自分の口できちんと言っておかないと。さんまさんと恋愛に発展する可能性? ないですよ! 私が言うのもすごく失礼ですが」と繰り返してみせた。さらにクリスマスの予定を聞かれたカトパンは、「何も入ってません。何かあったら教えますね」とニッコリ。こうした彼女の受け答えを、TV美女研究家の八木晶王氏は次のように解読する。

「さんまとの熱愛を否定する一方で、“男はいません”と強調してみせる。これはカトパンならではの高等テクニックですね。さんまに“もっとプッシュして”と示唆しているようにも見えるし、好きな男に“私は空き家よ”とアピールしているようにも取れる。こんなセリフを聞かされたら、近い男は燃えますよ」

■椿原慶子アナはイケメン社長と結婚!?

 そのカトパンのニューヨーク旅行に同行したのが前述の椿原アナ。10月スタートの『THE NEWS α』のキャスターに抜擢された彼女だが、その直前の9月にイケメンの設備会社社長、I氏との熱愛報道があったばかり。「I氏は7年前に、TBSの出水麻衣アナとの路上キスを写真誌に激写された人物です」(芸能記者)

 広告代理店関係者は言う。「なんでも、そのI氏、“椿原アナと結婚する”と周囲に話しているとか。ですが、椿原アナは“結婚? 絶対にしないです!”と局内で宣言したというんです」

 女子アナ事情に詳しい芸能ライターの織田祐二氏は次のように話す。「同期のカトパンに隠れて目立たなかった椿原アナがようやくフジの報道番組のトップに立ったわけですから、今は男より仕事を選んで当然。お相手のI社長は女子アナ好きのモテ男。彼女が恋愛指南役のカトパンに相談し、ダメ出しされた可能性も高そうです」

■『anan』が大反響の田中みな実は、過激な秘蔵写真も!

 一方、女性誌『anan』で披露した写真が大反響を呼んでいるのが田中みな実(30)。「もともと『anan』のファンだった彼女は、オファーに二つ返事でOKしたとか。撮影時もノリノリだったそうですが、そこは気まぐれな彼女のこと、撮了後、やっぱりやらなければよかったという気持ちになったらしい。ところが、発売後の女性からの“とてもキレイ”“彼女のことが好きになった”などポジティブな反応が多かったため、本人はすっかり気をよくしているそうです」(前出の芸能記者)

 実は、雑誌発売直後から「もっと過激なショットがある」と言われてきた田中。もはやノリノリになっている模様の彼女は、先日の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)でも雑誌未掲載カットを披露していたのだが、「さらに過激な秘蔵写真があるそうです。田中は褒められるのが大好きな人ですから、絶賛の声が高まれば完全公開に踏み切る可能性もある」(芸能関係者) 日本男児は皆、“みんなのみなみん”に期待しております!

■『スッキリ』が不調の水卜麻美アナ

 10月の番組改編で『ヒルナンデス!』から『スッキリ』に異動した日テレのミトちゃんこと、水卜麻美アナ(30)の周辺も騒がしい。一つめは新職場『スッキリ』のこと。異動当初は視聴率も上昇したものの、ひと月余りが経過した現在は移動前と変わらない数字に戻ったというのだ。「『スッキリ』はスタッフの内紛や覇権争いがあり、現場の空気がピリピリモード。水卜アナも相当やりにくいと思いますよ」(構成作家)

●関ジャニ∞横山裕が高級ネックレスをプレゼント

 二つめはプライベート。『ヒルナンデス!』で共演し、2年前に熱愛が取り沙汰された関ジャニ∞の横山裕が番組の卒業祝いとして、彼女に高価なネックレスを贈ったというのだ。「それもフランス製の高級ブランド品。しかも、それを周囲にミトちゃん本人が吹聴したというから話はややこしい。横山のファンが怒っているようです」(前同)

 横山は前述の田中みな実との交際説が根強く、ミトちゃんに高価なネックレスを贈った彼の意図も気になるところだ。「単純に“お疲れさま”なのか、それとも“余計なことをしゃべるなよ”という手切れ金的な意味合いなのか。純粋に愛情から贈ったとすれば、それはそれで問題なんですが……」(前出の八木氏)

 どうやら、公私ともに絶不調にある水卜アナ。「顔色がよくなく、トレードマークの元気溌剌さが完全に消え去っています。この感じが続けば、また退社話が浮上してくるかも……」(前出の構成作家)

■三田友梨佳アナが西武ライオンズ・金子侑司とゴールイン!?

 熱愛といえば、フジのミタパンこと、三田友梨佳アナ(30)が交際中の西武・金子侑司外野手と、いよいよゴールインするのでは、といわれている。「昨年、金子が盗塁王のタイトルを取ったことで“金子? 聞いたことないな”とケンもホロロだったミタパンの父親が軟化。機は熟したと思われましたが、今季の金子はケガで出遅れ、レギュラーに定着できなかった。来季、再び大活躍をして、プロポーズという可能性が高そうですが、今オフの電撃婚の可能性も……」(専門誌記者)

■山崎夕貴アナもおばたのお兄さんとラブラブ

 同じフジのヤマサキパンこと山崎夕貴アナ(30)も、結婚に向けて一直線だ。今年6月、お笑い芸人・おばたのお兄さんとの熱愛が発覚。その直後に彼の浮気が報道されるという屈辱を味わった彼女だが、今もラブラブは継続中。「実は彼女がMCを務める『ノンストップ!』は来春での打ち切り候補に挙がっているそうです。山崎アナも30歳。彼女ほどの人気アナなら寿退社してフリーに転身という選択肢もあるはずですが、彼女は逆。相手が売れない芸人だけに結婚しても局アナを続け、彼を食べさせる気のようです」(制作会社ディレクター)

 なんとも見上げた心がけではないか。おばたのお兄さんは浮気発覚後に山崎アナから「周りから別れたほうがいいと言われるけど、一番つらい選択が別れることだから別れません」と言われたと告白したが、彼女の株がますます上がったことは間違いない。

■テレビ朝日の久保田直子アナはフラれっぱなし

 かと思えば、男にフラれっぱなしの女子アナもいる。『マツコ&有吉かりそめ天国』でおなじみのテレビ朝日の久保田直子アナ(36)だ。「女子アナ仲間が合コンをして男を紹介しても、度を超えた汚ギャルぶりが原因で、すぐに愛想を尽かされるそうです。先日も、世界的なインテリアデザイナーに、交際わずか数日でフラれたとか」(テレ朝関係者)

 過去に番組で、風呂に入らない、同じ服を着たまま何日も出社する、自室は散らかし放題、足が臭い……という汚ギャルな“本性”を暴露された彼女なら、それもやむなしか。

■NHK鈴木奈穗子アナの夫はビッグダディにクリソツ

 NHK『ニュース7』で平日のメインキャスターを務める鈴木奈穗子アナ(35)は、真っ昼間から子どものいる女性の同僚に、こうたずねまくっているそうだ。「ねえ、どうやったら子どもができたの?」

 学生時代の同級生だったTBSディレクターと結婚して5年。そろそろ子宝が欲しいということなのだろう。ちなみに彼女の夫は、「あのビッグダディにクリソツ。2人の結婚式の再現VTRも、本物のビッグダディと美奈子が出演したそうです」(TBS関係者) 子作りのことなら、あの2人の“大家”に聞いたほうがいいかもしれませんな。

■永島優美アナは父親が原因で…

 一方、愛情を少々わずらわしく感じているらしいのが『めざましテレビ』のMC、フジの永島優美アナ(25)。彼女の父親は元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭浩氏だが、「娘を溺愛するあまり、写真週刊誌の餌食にならないよう彼女の自宅周辺を夜な夜なパトロールすることもしばしば。永島アナをセキュリティが万全な現在のマンションに引っ越しさせたのも昭浩氏です。以前交際していた彼氏と『めざまし』抜擢直後に別れたのも、父親が原因だったともっぱらですね」(フジ関係者)

 以上、秋の女子アナわろてんかニュースでした。

加藤綾子“熱愛否定”に高等テク!? 人気女子アナ「最新恋愛事情」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.