日刊大衆TOP 芸能

プロ野球「崖っぷちの大物たち」松坂大輔&村田修一はどこへ行く?

[週刊大衆2017年11月27日号]

プロ野球「崖っぷちの大物たち」松坂大輔&村田修一はどこへ行く?

 球界を代表するエースと4番が、崖っぷちに立っている。超弩級の年俸を得ていた1980年生まれ2人の再就職先は見つかるのか?

■日本ハムの中田翔は残留

 日本シリーズも終わり、ストーブリーグに突入したプロ野球界に、前代未聞の大異変が起きている。まず、2017年オフの“FAの目玉”といわれた日本ハム中田翔の残留が決定。

 中田は今季の成績が悪すぎた。129試合に出場しながら本塁打16、打点67も寂しいが、特に打率.216は、パ・リーグの規定打席到達打者27人の中、最下位の成績だ。野球評論家の里崎智也氏が言う。「FAとは、年俸などの条件を良くするために行うもの。今の中田がFAしても、条件は良くならない。残留は当然でしょう」

 侍ジャパンの中軸を打つ中田が、まさか高卒1年目のドラ1ルーキー・清宮幸太郎にいきなりレギュラーの座を奪われることはないだろうが、相当、首筋が寒くなっているはずだ。

■ソフトバンク日本一の翌日に松坂大輔が退団発表

 厳しい立場へ追い込まれている選手は中田だけではない。所属チームから自由契約となった、1980年生まれの2人も眠れぬ夜を送っている。

 一人は、ソフトバンクが日本一を決めた翌日に退団が電撃発表された松坂大輔。3年12億円という破格の契約で、15年シーズンから日本球界に復帰していたが、この3年間での公式戦出場はわずか1試合1イニング。打者10人に投げて、被安打3、四死球4、失点5、防御率18.00という惨憺たるものだった。お払い箱となるのも仕方のないところだが、球団は松坂をバッサリ切るようなことはしなかった。「ソフトバンクは、支配下登録から松坂を外し、コーチ契約を結んだうえで、復帰を目指すというプランを提示したんです。松坂に救いの手を差し伸べる形のコーチ要請でしたが、あくまでも現役一本にこだわる松坂が、これを固辞。結局、退団することとなった」(前出のデスク)

●DeNAや中日も獲得意思を示さず

 松坂本人は、ケガさえ治ればまだやれるはずと考えているのだろうが、周囲はそうは見ていない。3年前、メジャーから日本球界に復帰する際、松坂獲得には、ソフトバンクの他、レッドソックスで国際担当顧問兼巡回コーチを務めていたデニー友利氏のいる中日、高校時代の地元だったDeNAなどが名乗りを上げていたが、それらのチームも、今回は獲得の意思を示していない。「特にDeNAは、かつて横浜ベイスターズ時代に、“日本に帰って来るなら、どこにも渡さない”なんて言っていたのに、親会社が変わったとたんにこれです。もはや、客寄せパンダは要らないのかな」(前同)

●楽天、巨人、西武までもが音沙汰なし

 また、ソフトバンク入団の決め手となった古女房・細川亨が在籍する楽天も沈黙。20年前からご執心だった巨人に至っては、球団トップが“うちには要らないな”と、つれないそぶり。「メジャー入りの際、ポスティングの“松坂マネー”で稼がせてもらったはずの西武までもが音沙汰なし。少し冷たいんじゃないですかね。ただ、松坂の肩はもうダメ、なんて噂が球界を駆け巡っているから、どこも慎重なんですよ」(同)

●独立リーグからやり直す覚悟があるのか

 一部報道によれば、四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスが獲得に意欲を見せているようだ。高知を足がかりに阪神に復帰した藤川球児の例もなくはないが、「松坂自身に独立リーグからやり直すだけの覚悟があるのかどうかは未知数」(同)だ。

■巨人も村田修一をリストラ

 もう一人、松坂と同じようにリストラされたのが村田修一だ。契約満了を理由に巨人を自由契約となったわけだが、これは村田の力が落ちたからというより、昨オフのマギー獲得が遠因である。「巨人首脳は、今季途中から二塁にコンバートされたマギーの守備を疑問視しているんです。エラーは少ないんですが、それは単に守備範囲が狭いから。一、二塁間を狙い撃ちされ、二遊間で坂本勇人の負担が増えていたのも事実です。そんなことからマギーを三塁に戻すことになったみたいですよ」(巨人軍担当記者)

●“戦力外通告”は温情措置

 来季も村田が余ってしまうのだ。それでも巨人の“戦力外通告”は、村田への温情措置だという。「FAでは年俸がネックになって他球団も手を出しづらいだろうと、村田を自由契約という形で手放すことにしたんです。彼を欲しい球団が必ずあると踏んだんでしょう」(前同)

 村田は今季、開幕直後はスタメンから外されながらも、14本塁打、58打点という結果を残し、三塁の守備に関しては球界随一との定評もある。それなのに、現段階で村田獲得に名乗りを上げる球団は出てこいないのは、なぜか。「各球団とも三塁手は4番クラスがそろっているからね。強いて言えば、ロッテとヤクルトが狙い目なんだが、ロッテの井口資仁新監督や、ヤクルトの宮本慎也新コーチが、若手を育てる方針らしく、村田獲得に消極的なんだ。特に宮本コーチなんかは、球団が諸手を挙げて歓迎している青木宣親の日本復帰さえ渋っているくらいだからね」(事情通)

●年俸はいくらでもいいからと就職活動

 だが、村田本人は、それでもめげていないらしい。「年俸はいくらでもいいからと言って、水面下で必死の就職活動を続けているらしいよ」(前同)

 年俸さえ折り合えば、これほどお買い得な選手はいないはずなのだが……。松坂にしろ、村田にしろ、まだまだ「ここでは死ねない」という気概があるのは事実。剣が峰に立たされた2人には、今こそ「限界説」を吹き飛ばす大逆転劇を見せてほしいものだ。

プロ野球「崖っぷちの大物たち」松坂大輔&村田修一はどこへ行く?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.