日刊大衆TOP 芸能

佐藤仁美「てめぇ!」安室奈美恵の評価をめぐり、古市憲寿氏にブチギレ

佐藤仁美「てめぇ!」安室奈美恵の評価をめぐり、古市憲寿氏にブチギレ

 11月12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、女優の佐藤仁美(38)が出演。来年9月16日で引退する歌手の安室奈美恵(40)の話題をめぐり、社会学者の古市憲寿氏(32)に怒りをあらわにする場面が見られた。

 この日の番組では、11月8日に発売した安室のベストアルバム『Finally』が注文数100万枚を突破し、ミリオンセラーが確実視されている話題が取り上げられた。古市氏は自身も安室のファンだとしたうえで、安室の現状について「みんなが褒め過ぎな気がしていて」と異論を唱え、「ベスト盤、確かに良かったんですけど、昔の曲を全部、歌い直してるんですね。正直、昔のほうがいいなと思っている曲もあるんですよ」「それもちゃんとひっくるめて評価されないと、逆にたぶん本人もつらいのかなという気もします」「今が最高だと言い過ぎちゃうと。絶対に昔のほうが良かったっていう部分もあるはずで。安室さんにノーと一切言えない空気はちょっと気持ち悪い」と持論を展開した。

 この主張に対し、プライベートで安室のライブに行くほどのファンだという佐藤は「そうやって思われるのも踏んで、引退と言っていると思うんですけどね。だって、こんな絶頂期に引退します? ずっと人気があるんですよ」と安室を絶賛。しかし、古市氏は「絶頂っていうわけでもたぶんなくて」と佐藤の発言を言下に否定した。

 するとそれに我慢ならなかったのか、佐藤は「ずっと絶頂なのよ、安室さんは!」と、古市氏をにらみつけた。すると古市氏はさらに「最近のシングルとかも、オリコンのランキングで6位とか。ずっと1位ってわけではないんですよ」と反論。その言葉を聞いた佐藤は「ちょっとこいつ、ネガティブだな! 人が好きだって言うと、すぐ上から来るんだよ。おまえ受け入れる器、ゼロだな」とブチ切れた。

 さらに、MCを務めるお笑いタレントの東野幸治(50)から「(安室には、今年のNHK)紅白歌合戦に出演してほしいんですか?」と聞かれた佐藤は「出てほしいです」と安室の紅白出場を熱望。しかしこれにも古市氏は「紅白はどっちでもいいんじゃないですか」と冷めた口調で答え、佐藤が「てめぇ、この野郎!」と再びブチ切れると、その勢いに出演者たちも思わず笑いだしていた。

「佐藤と古市氏はお互いに安室の熱心なファンであるからこそ、議論が白熱してしまったようです。安室に対する思いは同じなだけに、来年の引退までは、温かく見守ってあげてほしいですね」(芸能誌記者)――残念ながら16日に発表された紅白出場者に、安室の名前はなかったが、引退までその動向にはますます注目が集まりそうだ。

佐藤仁美「てめぇ!」安室奈美恵の評価をめぐり、古市憲寿氏にブチギレ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.