日刊大衆TOP 娯楽

【G1マイルチャンピオンシップ】2年でワンセット理論「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年11月27日号]

「えっ、こんな有名な理論、知らないんですか!?」 競馬風俗研究家の立川末広に、さんざ威張られてしまった。「マイルCSは、2年でワンセットになっているんですよ」

 あまりに話が長かったので、ここ20年ばかりの話にすると、平成10年と11年は、「熊沢騎手の枠が連続連対」。12年と13年は、「藤澤和雄師の枠が連続連対」。14年と15年は、「外国産馬の枠が連続連対」。16年と17年は、「ルメール騎手が連続連対」。18年と19年は、「ダイワメジャーと安藤勝己騎手が2連勝」。20年と21年は、「カンパニーと横山典騎手の枠が連続連対」。22年と23年は、「エーシンフォワードと岩田康誠騎手の枠が連続連対」。24年と25年は、「武豊騎手が2連勝」。26年と27年は、「フィエロが連続連対」。

■注目馬はイスラボニータ!

 こんなふうに、ずっと、2年でワンセットのパターンが続いているのである。はたして、28年と29年は、どんなワンセットになるのか。昨年の連対枠に入っていた5頭のうち、今回登録があるのは2頭。注目馬はイスラボニータ(昨年2着)か。京都芝千六では321着と安定度ナンバーワンだ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【G1マイルチャンピオンシップ】2年でワンセット理論「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.