日刊大衆TOP 娯楽

【G1マイルチャンピオンシップ】マルターズアポジーが大逃げの一人旅!「今週の決断」

[週刊大衆2017年11月27日号]

【G1マイルチャンピオンシップ】マルターズアポジーが大逃げの一人旅!「今週の決断」

 大逃げが秋の淀を沸かせる! 本命はマルターズアポジーから行きたい。自分の形で逃げられれば、現役では最強の逃げ馬。ここは無理にでもハナを主張したい馬はおらず、スムーズに前に行ける可能性が高い。プレッシャーがない分、鞍上も思いきりのいい逃げを打てるはずだ。京都は初めてだが、重賞3勝はいずれも比較的平坦なコース。直線に坂のない京都は舞台としても申し分なしとみる。

 有力どころは好位のイスラボニータ、エアスピネルが牽制しあい、後方のサトノアラジン、レッドファルクスは展開に左右されてしまうきらいがある。どの馬も「誰か捕まえにいかないのか」とお見合いしているうちに、京都のマイルを疾走すると見たい。

■対抗にはレッドファルクス、▲はイスラボニータ

 対抗にはレッドファルクス。どんな展開でも最後の脚は確実。京都の外回りなら、ロスなく豪脚を披露できるはずだ。

 ▲は大崩れしないイスラボニータにしたが、それよりも大穴で推奨したいのが★ウインガニオン。関屋記念でマルターズアポジーを捕まえきれず2着だったが、そこまでは重賞を含む3連勝。鉄砲がきくタイプなので、3か月ぶりだが、期待してみたい。

 あとは末脚自慢で、前走の天皇賞は極悪馬場でまったく競馬をしていないサトノアラジン。マイルに戻って真価を見せたい桜花賞馬のレーヌミノル、ここまで4連勝中のサングレーザーまで押さえておきたい。

■メルマガも好評配信中!

 メルマガ「『週刊大衆』競馬記者・セキネが関係者を極秘取材 これが稼げる必勝馬券!!」が好評配信中! 毎週、土日に勝負レースを厳選して送ります! 関係者からの極秘情報、そして時には週刊誌の裏側まで……!?

●G1エリザベス女王杯で単穴推奨馬が激走!

エリザベス女王杯、単穴にクロコスミア推奨!
新馬戦は厳選3頭で決着!
アルゼンチン共和国杯◎○▲で1~3着独占!

◆詳細は、http://foomii.com/00117

【G1マイルチャンピオンシップ】マルターズアポジーが大逃げの一人旅!「今週の決断」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.