日刊大衆TOP 芸能

『世界の果てまでイッテQ!』“インスタ映えスイーツ”が、国内外で大反響

『世界の果てまでイッテQ!』“インスタ映えスイーツ”が、国内外で大反響

 11月12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、インドのスイーツ“ファイアパーン”が紹介された。そのあまりにも衝撃的な食べ方に視聴者から驚きの声が上がっている。

 この日の放送では、イモトアヤコ(31)がインドを訪れ「世界一甘いドーナツ」などを紹介。続いて、現地で話題となっているファイアパーンを食べることになった。“パーン”とは、インドに古くからあるファストフードで、ドライフルーツや香辛料、砂糖などを“キンマ”という葉で包んだもの。イモトが訪れた店では、これにクラッシュアイスと特製のアルコールの粉をかけ、火をつけた状態で提供することで「インスタ映えする」と人気を集めているとか。

 イモトは店員が扱う赤くドロっとした液体や、薄汚れたように見える葉っぱを目にし、「怪しい……。インドでこの感じ、88%腹壊しそう」と心配気にコメント。店員は手元のパーンに火をつけた直後、イモトの口の中に燃え盛るパーンを容赦なく押し込んだ。予想外の食べ方にイモトも「ちょっと待って、全然意味が分からない!」「理由なきままに火を突っ込まないで!」と絶叫。

 しかし、その衝撃的な食べ方のわりには、周囲のリアクションが薄く、「本当にすごいんだって。もう1個ちょうだい」と、2度目のチャレンジ。嗚咽を漏らしながら食したが、スタッフに撮らせた写真を確認して「いいね! (インスタグラムに)これ上げよう!」と満足気な様子を見せていた。

 イモトは放送後、自身のインスタグラムに“ファイアパーン”を食べる瞬間の動画を投稿。国内外から多くの反響を集め、「インスタ映えもラクじゃない!」「オンエア見てました! すごいです」「何回見てもおもしろい! 食べてみたい」といったコメントを集めた。

「『イモトワールドツアー』も好評で、この日の『イッテQ!』は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好視聴率を叩き出しました。今年は20%超えを連発してますし、『笑点』から始まる日テレ日曜日の黄金タイムを確実に支えてます。このまま年内を突っ走るのは、間違いなさそうです」(テレビ誌ライター)

 次回19日の放送では内村光良(53)の恒例企画「カレンダープロジェクト」などを放送予定。数字にも期待できそうだ。

※画像はイモトアヤコのインスタグラムアカウント『@imotodesse』より

『世界の果てまでイッテQ!』“インスタ映えスイーツ”が、国内外で大反響

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.