日刊大衆TOP 芸能

『わろてんか』、濱田岳の起用法が視聴率アップの鍵になる!?

『わろてんか』、濱田岳の起用法が視聴率アップの鍵になる!?

 NHKの連続テレビ小説『わろてんか』の視聴率が安定してきたようで、ここのところ視聴率20%をキープしている(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。てん(葵わかな/19)と藤吉(松坂桃李/29)が興行主として奮闘するビジネスものとして、徐々に面白くなってきた印象だ。特に先週の土曜日、11月18日の放送は注目に値する回だった。

 11月18日の放送回を振り返ってみよう。風鳥亭の起死回生を願って行った、喜楽亭文鳥(笹野高史/69)の単独興行。題目は前座噺の『時うどん』で、これにはてん夫妻はもちろんのこと、お客たち、他の芸人たちも感動。藤吉は過去に『時うどん』に感銘を受けた記憶を呼び覚まされてか、涙を流して喜んだ。伊能(高橋一生/36)の助けもあり、新聞にも大きく報道されて風鳥亭は一日にして知名度を高めることに成功した。しかし文鳥のような伝統派だけがいい顔をするのは面白くないと、てんたちのもとへやって来たのは興行界の風雲児でもある寺ギン(兵動大樹/47)。風鳥亭への出演を申し出るのだが、その条件は風鳥亭にとってあまりに厳しいものだった。

 とにかく大御所の落語家を演じる、笹野高史の芝居がスゴかった。落語はスムーズで、何より見ていて本当に面白かったのだ。視聴者は「ヒロインが吉本興業を築く話」という前提を知っているから、お笑いの要素がいつ盛り込まれるかと期待しているはずだが、この文鳥は尺も長く取られていて、これまでの『わろてんか』で、最も丁寧に「お笑い」と向き合った場面だったのではないだろうか。

 しかし、この放送回でさらなる大きなインパクトを与えたのは、笹野ではない。風太(濱田岳/29)とリリコ(広瀬アリス/22)が漫才師として登場した“次回予告”だ。自分たちの登場場面が少なかったという自虐ネタを盛り込みつつ、次週の予告を面白おかしくやってくれた。「このコンビなら風鳥亭で一番になれる!」「こういうの早くやってよ」とネット上では絶賛の声が相次いでいたが、筆者もこれには激しく共感! こういうの早くやってくれたら良かったのに、と思ってしまった。物語前半は暗い話も相次いだが、ここからはひたすらに明るいドラマにしてくれないかな、と期待が高まる。そう、せっかく濱田岳という、名バイプレイヤーを抱えているのだから。

 視聴者の間に、濱田岳ファンは多いだろう。私の周りの『わろてんか』視聴者にも、濱田が目当てで見ているという人も少なくないが、彼の強みは演技力とそのキャラクターの面白さだ。特にキャラの強さは若手俳優の中でも、トップクラスじゃないだろうか。小説家の伊坂幸太郎(46)は自身の作品である『ゴールデンスランバー』(新潮社)の中で、濱田を当て書きしたことを明言していて、実際に濱田は『ゴールデンスランバー』映画版で、自分がイメージされて書かれた役を演じている。

 同じNHKの『超入門! 落語THE MOVIE』という番組ではストーリーテラーを担当していて、これが見事にハマリ役! まじめな芝居をやらせても、もちろんうまいけど、こういうひとひねり利いた演出にも、見事に応えられるのが彼の強さだ。次週予告は以降、要チェックコンテンツとなった。もっともっと風太(濱田)を使い倒して、コメディ色を増やしていけば『わろてんか』で、もっと笑えるようになるはず!(半澤則吉)

朝ドラ批評家半澤の朝ドラブログ
http://blog.livedoor.jp/hanzawanoriyoshi/

『わろてんか』、濱田岳の起用法が視聴率アップの鍵になる!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.