日刊大衆TOP 芸能

ヒロミの渾身自宅リフォームに、松本伊代「維持する自信ない」

ヒロミの渾身自宅リフォームに、松本伊代「維持する自信ない」

 11月20日の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、「『ヒロミ、自宅を作る。』完成披露SP」を放送。番組の最後、妻の松本伊代(52)が漏らしたひと言が、主婦たちの共感を呼んでいるようだ。

 今年5月、タレントのヒロミ(52)は、広さ280平方メートル、築31年の自宅を自力でフルリフォームすると宣言。「高級ホテルのような家」というコンセプトで、気の遠くなるような作業をスタートする。

 リビングの壁には天然石を埋め込んで雰囲気のある石壁を作り、煙が出ないエコでスタイリッシュな自家製暖炉を設置。他にも水槽と暖炉を使って幻想的な中庭を演出したり、妻の要望に応える“女優ミラー”つきのドレッサーを自作するなど、リフォームにはヒロミならではのアイデアが満載。

 さらにインテリアから家電製品に至るまで、ヒロミがこだわって選びぬいた逸品を配置し、180日をかけたヒロミ渾身のリフォームがついに完了した。

 この日の番組で、完成したヒロミ邸をリポーターとして訪問した、おぎやはぎの矢作兼(46)と水卜麻美アナウンサー(30)は、高級ホテルのようなゴージャスな出来栄えに大興奮。部屋を移るたびに驚嘆の言葉を漏らしていた。

 そして番組のラストでは、妻の松本伊代がリフォーム後の自宅を初めて訪れるシーンを放送。自宅を見た松本は「すごーい、おうちじゃないみたい」「オシャレ!」「パパすごーい! ホテルみたい」と感動。しかし、その後冷静なトーンで「私、これ維持する自信ない……」とつぶやいていた。

 そんな松本の素直すぎる発言は、視聴者の間で話題に。ネットには「激しく同意」「確かに掃除大変そう」「うん、私もそう思ってたよ」「主婦目線だとそうなるよね~」「松本さんのひと言がすべてを物語っていた」など、主婦からの共感のコメントが相次いでいた。

「家事が苦手な松本のことを、ヒロミはいろいろな番組で愚痴っています。松本は結婚して24年たつにもかかわらず、いまだに料理ベタで野菜炒めも満足に作れないとか。しかし、ヒロミはそんな松本にも寛容なので、今回のリフォームした自宅を松本が維持できないことも、想定ずみかもしれませんね」(芸能誌ライター)――その後、ヒロミ邸がどうなっていくのかも気になる!?

ヒロミの渾身自宅リフォームに、松本伊代「維持する自信ない」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.