日刊大衆TOP 芸能

かまいたちは4位! 『M-1グランプリ2017』で「優勝を期待するコンビ」を聞いてみた!!

かまいたちは4位! 『M-1グランプリ2017』で「優勝を期待するコンビ」を聞いてみた!!

 12月3日に放送される『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)。漫才の日本一を決めるコンテストだが、師走の風物詩として定着しており、楽しみにしている人も多いだろう。そこで今回は「『M-1グランプリ2017』に出場するお笑いコンビの中で、最も優勝を期待しているのはどのコンビか?」を、20~40代の男女各世代、合計200人に聞いてみた。

 まず第5位(11%)には“カミナリ”が選ばれた。竹内まなぶ(29)と石田たくみ(29)によるコンビで、ボケ担当が竹内、ツッコミ担当が石田。2011年に結成され、茨城弁でのかけあいや、激しいツッコミのドツキ漫才で知られている。昨年の『M-1』で初めて決勝進出を果たしたこともあり、テレビ番組への出演も急増し、今年の優勝へ期待度が高まっているのかもしれない。

 続いて、第4位(14%)は“かまいたち”がランクイン。濱家隆一(34)と山内健司(36)によるコンビで、04年結成。ネタの方向性は幅広く、漫才もコントもこなす。12年にABCお笑いグランプリで優勝、同年のNHK上方漫才コンテストでも優勝するなど、数々の賞を受賞。さらに、今年のキングオブコントでも優勝を飾ったが、準優勝の“にゃんこスター”にすっかり話題をさらわれてしまったため、『M-1』にはかなり気合が入っていることは間違いない。

 そして第3位(16%)には、“とろサーモン”がランクイン。02年結成され、ボケ担当が久保田和靖(38)でツッコミ担当が村田秀亮(37)。久保田の適当なボケに対して、村田がキレ気味にツッコむという漫才が特徴だ。そんなとろサーモンだが、実は03年に初めて準決勝に進出して以降、毎年のように準決勝まで勝ち進んでいる。しかも、結成15年以内という出場規定により、ラストイヤーとなる今回で初めての決勝進出。そんな事情もあって、彼らを応援している人も多いのだろう。

■『M-1グランプリの優勝は接戦!?

 そして同率で第1位(18.5%)に輝いたのは、“和牛”と“ジャルジャル”の二組。和牛はボケ担当の水田信二(37)とツッコミ担当の川西賢志郎(33)によるコンビで、06年の結成。彼らの漫才は「へりくつ漫才」と呼ばれ、水田の理屈っぽいアピールに、ひたすら川西が振り回されるという展開が特徴だ。『M-1』には3年連続での決勝進出。さらに、昨年は準優勝という実績からも期待が大きいようだ。

 一方、03年に結成されたジャルジャルは、後藤淳平(33)と福徳秀介(34)によるコンビで、両名ともボケとツッコミをこなすWボケのようなスタイル。『M-1』では10年と15年に決勝へ進出している。さらに、テレビ出演も多く、来年3月の終了が発表された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)にもレギュラー出演している。知名度の高さも、高評価につながった理由かもしれない。

『M-1』では、決勝進出が決定しているコンビ以外にも、敗者復活から1組が決勝の舞台に進む。思わぬコンビが決勝で大爆笑を取ることもあるので、大いに注目したいところだ。

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

かまいたちは4位! 『M-1グランプリ2017』で「優勝を期待するコンビ」を聞いてみた!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.