日刊大衆TOP 芸能

安室奈美恵、“35歳で引退”できなかった苦悩を明かす

安室奈美恵、“35歳で引退”できなかった苦悩を明かす

 11月23日放送の『安室奈美恵「告白」』(NHK)で来年9月16日に引退する歌手の安室奈美恵(40)が出演。初めて引退についての胸中を告白した。

 電撃発表から2か月、安室はカメラの前に純白の衣装で登場。引退を40歳と決めた理由について、安室は「40歳で、デビュー25周年というのも同時に重なっていたので、歌を歌う自分自身にピリオドを打つには、すごくいい節目の年」だと思ったと語り、「いつから引退について考えていた?」との問いには、引退の文字がちらついていたのは20代後半のときで、引退のことを「誰かに相談することはできずにいた」と、当時の苦悩を明かした。

 さらに、安室はデビューが決まった頃の大きな目標は「引退するときは絶対に大きな会場で引退コンサートをする」ことだったと語り、それを引退がちらついた20代後半の頃に思い出し、「まだ、そのときの夢、かなえてないでしょ」「まだ終われない」などと、自分に言い聞かせて踏みとどまっていたと振り返った。

 そして、35歳のときにデビュー20周年の5大ドームツアーをついに実現させ、真剣に引退を決意した安室は、マネージャーに「ドームツアーが終わったら引退する」と告げた。しかし、20周年では引退することはできず、「燃えつきて何も考えられない」状態になったが、あらためて引退のタイミングを25周年に定め、昨年から今年にかけてファンへ感謝を直接伝えるため、自身最多の40都市100公演にも及ぶ全国ホールツアーを行ったという。

 引退まであと10か月であることについて、安室は「楽しい1年になればうれしいなって思います」と語り、「引退ってなると、ネガティブなイメージがあるじゃないですか。そうじゃなくって、一つの通過点なので、終わりがあれば次のスタートがある」「この先の人生のほうがもっと楽しいことが待ってるし、もっと長いので、新しい発見とか新しい興味とかに、情熱を注いでみるとか。(そんな)楽しい人生が待っているんじゃないかなって、楽しみです」と、現在の胸中を明るい笑顔で語った。

 最後に、母であることについて問われると、安室は「今の私のモノの考え方、見方は息子の存在があるからこそ」で、息子を産んでいなかったら、まったく違う安室奈美恵になっていただろうと語った。しかし一方、「ただ、最近は(息子の)親離れが進んでて、私の子離れがまったくできていないので」と苦笑しながら「“おめえ、ウゼエよ”みたいな感じの毎日ですね」と明かした。

「11月16日に発表された今年の『NHK紅白歌合戦』の出場者に安室の名はありませんでしたが、NHKは目玉として出演交渉を継続中だそうです。この番組の反響が、安室の心境を変化させるか注目ですね」(芸能誌記者)――特別枠で出演希望!

安室奈美恵、“35歳で引退”できなかった苦悩を明かす

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.