日刊大衆TOP 芸能

『キスマイ超BUSAIKU!?』、玉森裕太のキスシーンが本気すぎて悲鳴噴出

『キスマイ超BUSAIKU!?』、玉森裕太のキスシーンが本気すぎて悲鳴噴出

 11月23日深夜に放送された『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)で、Kis-My-Ft2の玉森裕太(27)がリアルすぎるキスシーンを披露。ファンから「普通に嫉妬するからやめて!」「こんなことされたらもう番組見たくない!」と悲鳴が上がっている。

 誰もが認める“真のカッコイイ男”になるため、Kis-My-Ft2のメンバーがオトナで過激なお題に挑戦する同番組。今回は「キュンとくる“いじわるなキス”」をテーマにメンバーそれぞれがキスシーンを披露し、一般女性100人から審査された。

 今回、見事1位に輝いた玉森のキスシーンは、ソファに座る玉森が相手役の女性を膝にまたがらせるという大胆なシチュエーションからスタート。玉森が女性の腰に手を回し、女性も玉森の首に腕を絡め、向かい合わせで密着したところで、玉森が「キスして」とあごを上げる。しかし女性が唇を寄せると「しゅっ」と顔を下げ、「なんでイジワルするの?」と女性を困惑させる。玉森は、「じゃあ俺からするね」と顔を寄せるも「しゅっ」と再び顔を下げてしまう。

「イジワルしないで」という女性に、「じゃあ先にしたほうが負け」と提案する玉森。女性と鼻先をツンツンと当て合いながら「ダメだよしちゃ」「我慢してね~」とさんざんじらしつつ、最終的には「んッ」と玉森から唇を寄せていった。恋人役を務めた女性は、ようやくできたキスの後、ほっとしたように玉森に抱きついていた。

 このセクシーな玉森のじらしキスにネットも騒然。二人があまりにも恋人のようだったことで、ショックを受けたという人も少なくなく、「今までの失恋よりはるかに心が痛い」「アイドルに女性がまたがってキスとかほんとどうなの」「全国の玉森担の皆さん息してますか……」「メンタル確実にやられるからこういう企画マジやめて!」「玉森くん、罪深すぎる」といった声があふれ返っている。

「ゲストの橋本マナミ(33)も大絶賛で、“これを求めてました”“最高じゃないですか?”と玉森の大人な一面にほほを赤らめてましたね。番組は10月からリニューアル。“超”がつきましたが、恋人を想定したキスシチュエーションは、ファンにとっては目を塞ぎたくなってしまうものなのかもしれません。深夜帯の番組ですし、とことんまでアクセル全開でいってほしいところですが」(アイドル誌ライター)

 “真のカッコイイ男”になるどころか、ファンの心が離れてしまった?

『キスマイ超BUSAIKU!?』、玉森裕太のキスシーンが本気すぎて悲鳴噴出

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.