日刊大衆TOP 芸能

大泉洋、『大泉洋映画祭』最優秀主演男優賞受賞が大ウケ!

大泉洋、『大泉洋映画祭』最優秀主演男優賞受賞が大ウケ!

 11月22日、都内で「第1回大泉洋映画祭」が開催され、俳優の大泉洋(44)が最優秀主演男優賞を受賞した。

 同イベントは、大泉が主演する映画『探偵はBARにいる3』の公開を記念して行われたもので、大泉の主演映画7作品を上映。大泉本人と、“世界一の大泉洋ファン”を公言する前田敦子(26)が出席し、最後に上演作品の中から“最優秀主演男優賞”が発表された。

 今回の映画祭のプレゼンターを務める前田は、「最優秀主演男優賞は……大泉洋さんです」と発表。客席から大きな拍手と笑いが巻き起こる中、大泉は感極まった様子で右拳を突き上げ、喜びを噛みしめていた。そして、大泉洋をかたどった黄金のトロフィーが前田から手渡された。

 受賞の感想を聞かれた大泉は、「自分でも予期していなかったものですから……まさか本当に獲れるとは思ってなかったんで正直驚いています」と涙をこらえながらコメント。しかし、その直後、「(今回の授賞式の)打ち合わせは、僕の前でやってほしくなかった」「このイベントに関する茶番感がひどい」と、スタッフに対する不満を漏らしていた。

 そんな、まるでコントのような「大泉洋映画祭」だったが、ファンには大好評。ネットには「大泉さんだからこそ許される茶番」「茶番こそが彼の真骨頂」「茶番を茶番と理解して堂々とやりきるところがすごい」「この期待を裏切らないコメント! お見事だよ、洋ちゃん」と、絶賛のコメントが続出。さらに「いっそ第2回、第3回と続けて、トロフィーを増やしていってほしい」と、次回開催を望む声まであった。

「今回の映画祭で上映された全作品の主演が大泉ですから、最優秀主演男優賞はもちろん大泉。最初から茶番ではあるんですが、ここで大泉が本気の“授賞式の演技”を見せたことで、よりコントらしさが増しましたよね。他の俳優じゃちょっとできない、まさに大泉洋ならではのイベントでしょう」(映画ライター)――12月1日公開の『探偵はBARにいる3』での演技も楽しみ!

大泉洋、『大泉洋映画祭』最優秀主演男優賞受賞が大ウケ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.