日刊大衆TOP 芸能

ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン「生ライブコラボ」に、批判続出

ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン「生ライブコラボ」に、批判続出

 11月28日に放送された音楽番組『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)で、アメリカ人歌手のオースティン・マホーン(21)とブルゾンちえみ(27)の夢のコラボレーションが実現。しかしその内容に、視聴者からは批判の声が上がってしまったようだ。

 オースティンの代表曲『Dirty Work』は、ブルゾンがキャリアウーマンのネタで使用していることもあり、日本でもおなじみの曲。今回のコラボでは、オースティンの生歌をバックに、ブルゾンがネタをするという豪華なステージを披露した。

 ブルゾンは「日本で一番感動した和食」や「インスタグラムに投稿している写真」など、オースティンに関するネタを次々と披露。そして「私、何歳に見えるって聞いたら、オースティンなんて答えたか知ってる?」「35、6(歳)」と、定番の「35億」をもじったオチで観客を盛り上げた。

 オースティンの生ライブをBGM代わりに、ブルゾンがネタをするというコラボ内容だったが、視聴者からは厳しい反応が。ネットには「歌にネタをかぶせるとか、オースティンに失礼すぎる」「生歌だけで良かったのに」「面白かったけど、これあくまで歌番組だよね?」「わざわざ来てもらってBGM扱いとかどうなの」と、批判的なコメントが数多く上がっていた。

「ブルゾンとオースティンのコラボ企画は、今回が初めてではなく、『CDTVスペシャル!ハロウィン音楽祭2017』(TBS系)、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも、オースティンの歌に乗せて、ブルゾンがネタを披露しています。今年4月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、オースティンとブルゾンが初対面した際には、オースティンのほうからコラボを提案され、ブルゾンが感激していました」(芸能誌ライター)――もはや「with O」!?

ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン「生ライブコラボ」に、批判続出

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.